« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月の2件の記事

ipod_pachi2

中国製ipod型MP4player ipod_pachi。Menu

**************************************************************
本体サイズ
 63*81*8
画面サイズ
 横40mm,縦32mm,対角50mm(1.969inch)→2inch。
 1インチ=0.0254メートル。
ソフトバージョン
 ACU7515 2006/12/07
音楽:MP3が可能
動画:AMV形式のみ(MPEG4不可)
使い方
 Disk_Houseの「1.8インチ TFT液晶 iPod nano 3G タイプ 2GB MP3 / MP4
 デジタルオーディオプレーヤー」 に類似。
**************************************************************

AMV形式変換(ニコ動の場合)
 ①動画(FLV)をAVIに変換(SUPER ゥ)
 ②AVIをAMVに変換(AMV Converter)
MyMPxPlayer.orgに「AMV Convert Tool 4.15 - MP3 Player Utilities 4.15」
がある。(4.0は
128×128か160×120しか選択不可)
Disk_Houseのホームページによると
 ScreenSize: 1.5インチ:128×128、1.8インチ:160×120、2.0インチ:208×176
とあるので208×176を設定。

Screensize160120

 ScreenSize:160×120
 小さくて字は読めない。
 
 
 
 
 

Screensize208176  ScreenSize:208×176
 ましになった。
 
 
 
 
 

Photo  もともと画素が荒いのだが。
 
 
 
 
 
 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コミケ74(2008.08.16)


8/16(土)、コミケ74に行ってきた。
目的は東方Project関係。上海アリス幻樂団の「東方地霊殿」と黄昏フロンティアの「全人類ノ天楽録」。

Project

 

  
  

9:30には国際展示場駅に到着した。既に駅は人だかり。
早い人は8:30から並ぶのは本当らしい。

10:00には開場らしく拍手が聞こえたがその時点ではまだ橋の上(イーストプロムナード?)。天気が本当に良くて熱射病になりそう。

会場に入れたのは11:20。上海アリス幻樂団の「東方地霊殿」は西2でやっている。
人が多すぎて動けない。場所がわかったけど人気サークルは外に並ぶことにここで気づく。さすがにふらふらだったのでジュースを購入し列に並ぶ。
上海アリス幻樂団と黄昏フロンティアは隣通しだがどちらも列が長過ぎ。

11:30に上海アリス幻樂団に並ぶ。
そこから待って「東方地霊殿」購入できたのが12:30。
その間に黄昏フロンティアの列は再構成したのかそのまま横に並べた。
10分ほどで「全人類ノ天楽録」も手に入った。
「HappyBirthday」にも行列ができていたが、流石に暑さと水分不足で体が危険と感じていったん退却することとした。

ビッグサイトはその形から「ビグザム」と呼ばれているらしい。
ビックサイトでは水は補給できない。
自販機は、売り切れ、釣り切れ、故障、とひどい状況。そしてそれには並んでから気づく。コーヒーが売れ残っているようだが今は飲みたくない。水は外に出てから補給することとした。

エレベータは停止している。おかげで人の進みが遅い。入り口付近まできたが外に出たくても列が動かない。暑い。人の体温で蒸し殺されそうなほど。

外に出て水分補給。食事して戻る。

13:30。この時間で売り切れしてるところが目立つ。とりあえず適当に見て歩く。東方Project本で絵がきれいなものを探す。

15:30。西2の東方Projectコーナーはほぼ回ったので企業ブース西3,4へ移動。とらのあなの東方玉手箱も売り切れていた。

16:00。ほぼ終了ムードになっている。ほとんど売り切れ状態。これをもって帰宅。
大崎経由で秋葉原へ。とらのあなとホワイトキャンバスで東方Project関係の本を漁る。

秋葉原のホワイトキャンバスには博霊神社ができていた。

Wc




中央通りには東方バスが止まっていた。

1 32

 

 

 

その他:

Photo_4  コミケ西地区で探索。

 

 

Photo_5  秋葉原とらのあな他で購入。

 

 

Photo_6  秋葉原で購入。趣旨が違うけど。300円。

 

 

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »