« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月の5件の記事

繰り返しファイルをコピー


とある事情からファイルをコピーする方法が必要となった。時間をかけるつもりは無かったので、Windowsで一番お手軽なコマンドプロンプトで作ろうと思い、考え始めた。

①基本的なbatファイル作成
ファイルコピーするだけならCOPYコマンドで問題ないが繰り返しはどうするのか。
コマンドプロンプトでhelpで調べるとfor文が使えることがわかった。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
FOR /L %変数 IN (開始,ステップ,終了) DO コマンド [コマンドパラメータ]

    セットは、ステップの量ごとに変化する開始から終了までの数列です。
    たとえば、(1,1,5) は 1 2 3 4 5、(5,-1,1) は (5 4 3 2 1) という数列に
    なります。

バッチ プログラムで FOR コマンドを使用するときは、%変数の代わりに、
%%変数を使用してください。変数名では大文字と小文字が区別されるため、
%i と %I は異なります。
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

ためしなので、CドライブにあるファイルをKドライブに3回(0~2)コピーするbatファイルを作成した。コピー後のファイル名は元ファイル名+連番とした(ファイル名をコピーごとに変えないと同じファイルを3回上書きするだけのプログラムになる)。
01_bat










ファイル名は基本同じなので変数(変数名:COPY_FILE)に置き換えた。

02_bat











②ドラッグアンドドロップでファイル名を取得する
このままだとコピーするファイルを変更すると毎回プログラムを編集しなくてはならない。引数(%1)を使用する。

02_1_bat_2












 %1にドラッグアンドドロップしたファイル名(パス+ファイル名+拡張子)が入る。
 %~n1にすると、%1のファイル名だけが入る。
 %~x1にすると、%1をファイル拡張子だけが入る。

非常にすっきりした。

③経過時間を記録する
どれくらいかかったかを知りたいので、時刻の記録データをファイル出力した。

03_1_bat












最初の一文:time /t nul > c:\copy_log.txt
time /t nul で時刻取得し
> c:\copy_log.txt でファイルに新規出力、
DO文のCOPYの次の文:| time /t nul >> c:\copy_log.txt
time /t nul で時刻取得し
>> c:\copy_log.txt でファイルに追記。
コピーのたびに時刻データを記録するのはプログラムが途中で止まった場合でもデータを残すため。


このままだとCドライブにcopy_log.txtが毎回できてしまう。
実行したbatファイルのそばにできてほしい。

03_2_bat_2












 実行したbatファイルは引数%0に入る。
 %~p0にすると、%0のパスだけが入る。
 %~d0にすると、%0のドライブだけが入る。
 %~dp0にすると、%0のドライブ+パスが入る。

④入力を受け付ける
コピー対象となる場所と、コピー回数は入力して動作させたい。

04_1_bat












set /p copy_drive="コピーするドライブを指定してください。:ドライブ = "
で、入力画面を表示する。ENTERを押さない限りプログラムは進まない。
04_2_bat_2











⑤タイトルを表示
ウィンドウの上部にタイトルを表示させる。
05_1_bat












05_2_bat_2
















⑥実行してみる
06_1_bat















06_2_bat












最終batファイル
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
title 繰り返しコピーBAT
time /t nul > "%~dp0\copy_log.txt"
set /p copy_drive="コピーするドライブを指定してください。:ドライブ = "
set /p copy_count="コピーする回数を指定してください。:回数 = "
FOR /L %%I IN (1,1,%copy_count%) DO COPY %1 "%copy_drive:~0,1%:\%~n1_%%I%~x1" | time /t nul >> "%~dp0\copy_log.txt"
PAUSE
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ファイルをコピーするだけの単純なプログラム。
しかし使い勝手を考えると結構手がかかった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Aurora USB 8GB


ある日おかしなことに気がついた。
USBメモリの動画ファイルが再生できないのだ。
01_





WindowsMediaPlayerの故障かと思ったがどうやらUSBメモリのファイルが破損しているらしい。そこで再度コピーしてみるのだがなぜか何度コピーしてもコピー後のファイルが破損している。
02_

プロパティに何も表示されない...





この状態になったUSBメモリでいろいろ試すと、
A.テキストファイルを保存して、再度開いてみると空白になっている。
03_1_


03_2_

再度開くと空白??


B.フォルダごとコピーし、コピー完了後、USBメモリを一度取り外して再度接続して確認してみると中身が無い。


USBメモリが故障したと思って調べ始めたが、このメモリがどこのメーカ製かわからない。

04_aurora





キーワード「Aurora USBメモリ 壊れる」で検索したところ、次のことがわかった。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
情報1(教えて!goo)
 数週間前にUSBメモリにデータを移しました。
 最近そのデータをPCに移動しようとUSBメモリをはめたのですが
 そのメモリ中の一部のフォルダ内のデータが空と表示されてます。
情報2(USBメモリについて語るスレ)
 俺のAuroraとかいうところ(?)のUSBメモリ、8Gの製品のはずだけど
 1.8G以上のファイルを入れるとそれ以降に入れたファイルが全部壊れる。
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<


一応確認してみた。
①BUFFALOの「DISK FORMATTER」で物理フォーマット

05_1_disk_format




05_2_disk_format



05_3_disk_format




②ファイルを8GBいっぱいまで書き込む
42.6MBのファイルを189個コピーした。
BATファイルで処理したが30分くらいかかった。

06_2_copy_5












06_1_copy



















③中身の確認

コピー45回目(1.9GB):OK
06_3_copy_2











コピー46回目(1.95GB):ファイル壊れた。プレビュー表示が無く、再生できなかった。
06_4_copy












以降のファイルも壊れていた。
WordPadで確認すると空白だった。

06_5_copy















空白が詰まっているのか動作が遅い...


結論:
 使用領域が1.9G以上になるとでファイルを保存できなくなるらしいことはわかった。故障なのか?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

PortableApps

U3スマート・ドライブ:
USBメモリのアプリケーションで起動可能。アプリケーションの持ち運びが可能。

この機能は面白そうだと思い調べたところ、
「U3アプリケーションは、専用のU3規格に沿ったUSBフラッシュメモリ上でしか動作しません。」
だった...。

USBメモリはかなりの数があるが、U3対応なんて買ったことが無い。
あきらめかけたとき、
「USBメモリにアプリケーションを入れて持ち歩くだけならPortableAppsのソフトがある。」
とのこと。早速やってみた。

http://portableapps.com/にアクセスしファイルをダウンロード
01_download


 


 

02_download_icon


こんなファイルがダウンロードされる。

 

 

②インストール

03_install

04_install2

05_install3

06_install4

 

 

 

インストール完了までがかなり長かった(1時間くらい)。
07_install_too_long

インストール完了。


 

08_install_too_long







実際の起動画面。画面右にアプリケーションが表示される。





10_portable_firefox_2






Firefoxを使用。使い勝手に問題なし。




Menu_



メニューの日本語化もこのバージョンは「Options」で変更できる。





追加1:アイコン・ディスク名称を変更してみる。

11_icon_3


このままだとあまりぱっとしないので変更。

 

①USBメモリにアイコン(*.ico)を入れる。

12_icon_3





②Autrun.infを変更。

21_re_name_3










22_re_name_3

USBメモリを一度取り外し挿しなおすと、
アイコンは変わり、名称が変更された。







追加2:アイコンを作り変えてみる

①@icon変換で画像をアイコンに変換

23_icon_edit_2



地底を歩く巫女さんの後姿。


②適用する。

24_icon_edit






アイコンが変化した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウォンテッド

ウォンテッド

10/1鑑賞。作品紹介の
【ストーリー】アンジーがミステリアスな美女を好演!ロシアの鬼才が撮り上げた新感覚アクション!
とか言う言葉のみ信じて見に行った。

主人公はアンジェリーナ・ジョリーではない。モーガン・フリーマンでもない。
さえないサラリーマンが殺し屋になる話だが、R15指定だけあって結構血みどろ。
前半は、主人公のひどさっぷりばかり。ボコボコ殴られる。
当初、スクリーンの小さい映画館だなと思ってみていたが、主人公がボコボコ殴られるシーンはスクリーンの大きさがあだとなった。腐っても映画館。怖い。痛そう。帰りたい。テレビのほうが気楽に見られるだろう。
後半は、いきなり立派になる。立派な殺し屋になって、立派に目的を果たす。
殺しの瞬間の映像が新感覚アクションというかマトリクスみたいというか。

作品中で「エルゴノミックキーボード」なる単語が鼻についた。
調べてみると、人間工学に基づいた構造になっているタイプのキーボードらしい。
長方形でなく微妙なカーブのついたキーボード。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

コツコツ勉強するコツ86

コツコツ勉強するコツ86

コツコツ勉強するコツ86 Book コツコツ勉強するコツ86

著者:和田 秀樹
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

わかりやすく読むのが苦にならない。
タイトルがいい。コツコツ(兀兀)勉強するコツ(骨)って言いやすい。
特に記憶に残ったのは

・一日にやったことを書き出す(無駄の分析)
・聞いたことを書き出す(理解の確認)
・隙間を見つけて勉強、規定時刻から勉強でなく中途半端でもすぐやる
・決まった時間の勉強が目的でなく、決まった量の勉強が目的(時間主義でなく物量主義)
・土曜日は予備日、日曜日は復習日

とか。

「こつこつ」で検索していたら、ラーメンこつこつとかいう店が三重県にあるらしい。結構美味しそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »