« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月の14件の記事

ファイル名一括変更(Explorer)

ファイル名を一括変更する方法を探して見た結果、もっとも手軽でやれる方法。
欠点としては()番号の連番に強制的にされる点。

①ファイルをすべて選択
02

②ファイル名を変更する。
03

04

③Enterキーを押すと一括変更される。
05

DOSコマンドでできそうでできない。
DOSコマンドではファイルに名前を付加する程度しかできないらしい。
後は変換ソフト使えば楽なんだが。

----------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一括ダウンロード(downTHEMall!)

Firefoxで閲覧中Webページ内の画像などのファイルや、リンク先のファイルを一括ダウン ロードできる拡張機能。
分割ダウンロードや、レジュームといった一般的なダウンロード機能に加え、拡張子別のフィルタリング や、ダウンロード後のファイルリネーム機能を備えている。
【著作権者】Federico Parodi 氏、Stefano Verna 氏
【対応OS】Windows XP

①http://www.downthemall.net/よりインストール
01

02
このページに飛んでインストールする。インストール後Firefoxを再起動する。


②使用する場合は、ダウンロードしたいファイルが存在するWebページを開き、Firefoxの[ツール]メニューや右クリックメ ニューから[DownThemAll!]をクリックする。

08_2


③Webページ内に含まれているファイルやリンクURLが、チェックボックス付きで一覧表示される。ダウンロードしたいファイルにチェックを入れ、保存先フォルダを指定して、[開始]ボタンを押す。

09_2

④ダウンロードが開始すると進捗画面が現れ、ダウンロード中の各ファイル名と進捗状況がゲージで表示される。

10

12
ダウンロード完了。


参考:
画像やリンク先ファイルを一括ダウンロードできるFirefox拡張「downTHEMall!」 (2006/07/03 窓の杜)
http://www.forest.impress.co.jp/article/2006/07/03/downthemall.html

----------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入力欄に一括入力(aiBAR2008)

インターネットの懸賞で、何通も応募する場合、何回も入力するのは非常に手間だった。

00
1回は手入力で問題ない。複数回やるのはしんどい。


「aiBAR2008」というソフトは、かなり強力で応募ページを表示するだけで入力される。
ただし、対応ブラウザは InternetExplorerで、Firefoxには未対応。OSもWindowsXP,Vistaのみ対応。

使い方:
①ソフトダウンロード・インストール
aiBAR2008(フリーソフト、作者:みいさん)をダウンロード・インストールする。
 http://www5.ocn.ne.jp/~miisan/aibar/support/download2008.htm

②ソフトを起動、応募に入力する情報を入力。

06

07


③ソフトを起動した状態で懸賞応募ページを表示させる

08
ソフト起動。


09
ウェブリブログ宝探しキャンペーン(2009/2/19~3/31)

12_2
応募ページを表示するだけで、怖いぐらいに勝手に入力されている。

このソフトの断り書きとして「入力は自動ですが、Web送信は手動です」と強調されている。ここまで自動で入力されて非常に便利だが、便利すぎて逆に怖くなる人に対しての注意だろう。

----------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セキュリーナ

経済産業省の情報セキュリティ対策強化キャンペーン「CHECK PC!2009」の萌えマスコットキャラクター。
左の金髪(しなちゃん、本名:しえな))と右の黒髪(せなちゃん、本名:せりな)の2人組み。

01_01
ブログパーツ「セキュリーナ」

01_02
JavaScriptテキストをコピー。


ココログに貼り付ける。

02
マイリスト新規追加。

03_2
JavaScriptテキストを貼り付けて保存。

04
追加完了。

06_01
サイドバーに表示される。


セキュリーナをクリックするとミニゲーム「私たちを探して!」が始まる。

06_02
見つけてクリックすると、

06_03
でかでか表示される。「CLICK!」のフキダシをクリックすると

06_04
経済産業省CHECK PC! に飛ぶ。



番外編:
@WORDに貼り付ける。

07_2
デザイン-サイドバーにて、「テキスト」追加。JavaScriptを貼り付ける。

08_2

@WORDでもJavaScript動いた。

----------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

町田散策(2009.02.21)

目的は単に買い物。

とらのあな。
Img_0763
とらのあな特典のジャケットは付録CD用のジャケット。しかし\1,575は高い。あやうく店員に聞き返そうかと思った。

ヨドバシ。
Img_0764
シューティングラブ。200X。

Img_0767
Xbox360用HDD売っていた。いい機会なので購入。高かったけど。

買い物終了。昼飯にするのだが、
はじめ考えていたのが、アメリカ風ダイニング「T.G.I.FRIDAY'S 町田店」。だけど高くてとても入れない。他の店も1000超。さすが町田。都会だ。
ふらついていたとき思い出したのが、かきラーメンの「中国ラーメン 揚州商人 町田店」。

P1000001

冬かきラーメン(刀切麺)を注文。あっさり塩味。カキも美味しかった。この店はメニューも豊富で次回も利用したい。刀切麺(とうせつめん)であり、刀削麺(とうしょうめん)とは違うことを主張していた。刀切麺は太麺で食べ応えがある。刀削麺とどこが違うかは難しいところ。

Img_0769
フォーチュンクッキー。中にくじが入っている。50円。

Img_0771
ラッキーナンバー75。覚えておこう。

Img_0772
片思いすらないから報われないか。

P1000004
一番高そうなビル(東急ドエルサウスフロントタワー町田・ウイング)。

番外編:

小田急町田駅東口で不思議な風景を見かけた。

P1000002

街灯に鳥よけの針が

びっくりするくらい

ついている…。


タイトルつけるととしたら
 「残酷な現実」
 「せちがらい世の中」
ってとこか。

----------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コメント返信

ブログにコメントが来た場合の返信はどうしたらよいのか。

調べた結果は以下の2つ。

A)
 コメントのあったページのコメント欄に返信コメントを記載する。
 自分で、他の訪問者同様に、自分のブログにコメントを書く方法。
B)
 返事は、投稿記事の中でする。

A)は、他人がブログ作成者になりすます可能性があるので困ってしまう。

B)を採用するとしたらこんなかんじか。
02


元ネタ:
livedoor knowledge「Commentsに対する返信の方法を教えてください」

----------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

K-20

2/1鑑賞。----。主演:金城武。かっこいい。
時代設定が仮想昭和時代+高層ビルという組み合わせ。旧帝国軍冒険活劇。
笑いも入っている。
好き嫌いが分かれるところ。金城武はかっこいいけど。
松たか子のお嬢様ことばがなんか鼻について仕方なかった。

怪人20面相の意外な正体が最後に明らかになる。鹿賀丈史でいいのに。

K20
----------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第12回文化庁メディア芸術祭(2009.02.08)


第12回文化庁メディア芸術祭に行ってきた。芸術祭はタダ。他は有料だった。

Img_0680

テレビでやっていたので少し気になっていた。

P1000018
国立新美術館。乃木坂(東京メトロ千代田線)で直接入館できる。一部屋の天上が高い。2階分くらいある。

Tenorion
TENORI-ON。
今回の目玉。
画面を押すと押した部分と周囲が光る。そして左から右へ移動する光の線上に光点があると音がなる仕掛け。
左上F1キーを押し続け画面を押す(十字カーソルになる)と音が様々に変えられる。右下は原曲が聞こえる。
音は確か「ピポピパ パポピポ ペペパプ ペペッポ」だったような。

微小鉄球の敷き詰められた箱。
一部分に磁力がかかり、手触りが変わるもの。
一部分に磁力がかかれば全体的にくっついてしまいそうだがそうはならなかった。そこがミソなのか。

CPUファンの壁。
説明が無いのかみつからないのか動作方法がわからなかった。この壁は行きと帰りの2回見ることになる。
1回目(行き):足元のセンサーで検知しているのか、みんな足元の台に足を置いていた。
2回目(帰り):音を検知しているのか、みんな手をたたいていた。
ただのCPUファンの集まった壁なのに人が集まっていた。数の勝利。

Img_0682
六本木には美術館が3つ。国立新美術館、サントリー美術館、森美術館。

P1000020
六本木ヒルズ。見上げる。今回は用事無いためスルー。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

実写版ドラゴンボール

原作とはかけ離れているが、映画としては面白そう。原作にこだわる必要ないかと思う。
ドラゴンボールの役割が分からない。ラスボスは触角なしピッコロ大魔王。
批判が集中するのは原作の世界観がほっとんど残ってない、コスプレドラゴンボールって点なんだろうけど。

Db_1
原作を忘却すれば、映画としてはいい感じ。

Db_2
これはこれでわくわくする。

その他の情報:
実写版『ドラゴンボール』、製作総指揮は鳥山明だった!(助言している?)
http://aromablack5310.blog77.fc2.com/blog-entry-3732.html
YahooJAPANでも紹介してた。
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id331398/

Db_
鳥山明氏のコメント。微妙に引っかかる…。

----------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンシャインクリエイション42(2009.02.08)

サンシャインクリエイション42に行ってきた。

P1000007
池袋駅。12:30ごろ到着。

P1000011
乙女ロード。サンシャイン60前より撮影。


結構な人。時間が時間だけに帰るのか逆方向に向かう人も。
場内は人で溢れかえる。
壁に寄せ書きのマンガが書いてあったがきれいな絵も多い。
今回は特に目的無くぶらついた。絵がよさそうなら手にとって購入。
場外にも人が溢れていた。なんかのイベント待ちだろう。


Photo
買ったもの。ほとんど既刊。遅かったからだけどね。


P1000013_2
とらのあな池袋店。3Fのレジが込んでいた。ぐるっと周るほど。サンクリ帰りの人で混んだみたい。例大祭カタログはまだあったみたい。

Photo
とらのあな池袋店での購入品。神のみぞ知るセカイ③の特典付がまだあった。

----------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋葉原散策(2009.02.08)


秋葉原に行った。

①東京メトロ銀座線末広町駅
新宿から丸ノ内線で銀座駅へ。銀座線に乗り換え。末広町駅到着。いつもの末広町交差点にでる。
②とらのあな秋葉原1号店
外に列できてた。フラワリングナイト列。

Img_0673
博麗神社例大祭(第6回)カタログ購入。

Img_0674
分厚い。

③東京メトロ千代田線新御茶ノ水駅
大手町駅で丸ノ内線乗り換え。池袋へ向かう。サンシャインクリエイション42。

・・・

④東京メトロ日比谷線秋葉原駅
P1000021
夕方、再びやってきた。ヨドバシ真ん前。

⑤T-ZONE PC DIY SHOP
カードリーダ購入。

バッファロー 38メディア対応 カードリーダ/ライタ TurboUSBモデル(ブラック)【税込】 BSCR-A38/U2BK [BSCRA38U2BK] バッファロー 38メディア対応 カードリーダ/ライタ TurboUSBモデル(ブラック)【税込】 BSCR-A38/U2BK [BSCRA38U2BK]

販売元:Joshin web 家電とPCの大型専門店
楽天市場で詳細を確認する

・miniSDが直接読みとれる。
・SDHC 32GBまで対応。
が自分の選定条件。
後で再び来たらタイムサービス時間になっていた。しまった。

⑥マチガイネッサンドウィッチズ
P1000023
ラーメン屋の上の階。ホットドッグ屋。暗いけどやっている。店内はそれほど広くはない。食べたのはチリライス。

⑦ゲーマーズ
P1000025
外人さんが撮っていたので同じく写真撮る。

⑧秋葉原駅電気街口、秋葉原の石。
P1000026
メトロフリーパスなのでJRには入れない。外から撮影。

今日はこんな感じ。

Map

東京メトロ日比谷線秋葉原駅から新宿へ向かう。 テアトル新宿へ。

とらのあなの博麗神社例大祭(第6回)カタログは大量にあるらしく、2009/02/08時点では売り切れは無かった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

小田急東京メトロパス(2009.02.08)


小田急東京メトロパスは結構便利。
①東京メトロ、代々木上原~新宿が乗り降り自由。
②60以上の施設で割引があるらしい。

http://www.odakyu.jp/ticket/couponpass/metro.html

Photo

Photo
東京はほぼ周れる。

2009/02/08、小田急東京メトロパスで周った。

09:50、新宿。とらのあな。フラワリングナイトの列に間違えて並ぶ。
10:30、新宿発(東京メトロ丸ノ内線)。銀座乗換(銀座線)。
11:05、末広町着。とらのあな。例大祭カタログ購入。
11:50、新御茶ノ水発(東京メトロ千代田線)。大手町乗換(丸ノ内線)。
12:36、池袋着。
12:50、サンシャインクリエイション42。
14:25、とらのあな。レジが込んでいる。
14:35、池袋発(東京メトロ丸ノ内線)。国会議事堂前乗換(千代田線)。
15:06、乃木坂着。
15:17、国立新美術館。 「第12回文化庁メディア芸術祭」。
16:50、六本木発(東京メトロ日比谷線)
17:12、秋葉原着。
20:03、秋葉原発(東京メトロ日比谷線)。銀座乗換(丸ノ内線)。
20:50、新宿三丁目到着。
21:10、テアトル新宿。劇場版 空の境界 第六章「忘却録音」。

地下鉄に乗るまでが長い長いエスカレータやら通りやら。苦労した。
毎回の地下鉄移動は30分くらい。おかげで本がよく読めた。


P1000001
新宿西口。コクーンタワー。快晴。

P1000006
東京メトロ丸の内。遠かった。

P1000014
池袋のマーキュリー像。正面はかっこ悪い。

P1000028
テアトル新宿。新宿三丁目からすぐ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラミネート

ラミネートをしようと思い立った。ラミネートひとつとっても気にすることが山ほどある。

①何をラミネートするか。
 ラミネータは基本的に紙しか対象としていない。パウチする場合、熱をかけるため溶けるものは使えないようだ。
②ラミネート対象物の厚さ
 ラミネートフィルムが0.1mmあるのでこれも計算。店頭にあったものでも1mmまでは対応している。それ以上はむずかしい。
③余白
 5mm標準らしい。余白が5mm以上の場合(ラミネータフィルムだけ)、ラミネータが詰まりやすいらしい。

参考にしたサイト:
 キレイにラミネート.com
 http://www.kirei2-laminater.com/
 きれいにラミネートするために…(ラミネート市場)
 http://www.lami-ichiba.com/select/erabikata_beuty.html

今回購入したラミネータ。厚さ0.8mmまでラミネート可能みたい。

ラミネーター[GLM210] 日本GBC A4対応パウチラミネーター ラミネーター[GLM210] 日本GBC A4対応パウチラミネーター
販売元:文具店TAG
文具店TAGで詳細を確認する

Img_0629
ビニールが使えないと書かれている。ビニールに貼られた紙も使えない?。

Photo
温度設定目安。厚さで温度が違うらしい。

3
今回3で設定してみる。

Photo_2
テストラミネート。ちょうどよくA4のものがあった。ラミネートフィルムにはさむ。

Photo_4
テストラミネート中。

Photo_3
テストラミネート完了。色が濃くなった気がするが。

Photo_5
本番。ビニールに貼られたシールとチロルチョコの包み紙。

Photo_6
ビニールがラミネートできないためはがすしかない。慎重に。

Photo_7
ラミネートシートに貼り付ける。

Photo_8
チロルチョコの包み紙はセロハン。弱そうなので台紙にのりで貼り付ける。

Photo_9
余白は不要な紙で埋める。余白があるとラミネータが詰まるらしい。

Photo_11
ラミネート中。なんかいい感じ。

Photo_10
ラミネート完了。若干たわんでしまった。

Photo_12
適度な大きさにカット。角は面取り。よく出来たほうだろう。




----------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャッフル

2/1鑑賞。ばらばらにやってくる1週間に立ち向かう主婦の話。
主演:サンドラ・ブロック。

木曜日、夫が死ぬ知らせを受ける。
月曜日、夫が生きている。
土曜日、葬式。娘が怪我している。
火曜日、娘が怪我。

水曜日、夫が死ぬ(はず)。
次々とやってくるばらばらの1週間で夫が死ぬ運命を変えられるのか!!。

最後はハラッハラッした。運命が変えられる?。体験した未来も変わる?。
人が少ない劇場でよかった。結構見入っていたから周りから変な人に思われ他に違いない。
気になったのは家にパソコンやインターネットの存在が無いこと。時代設定が古いのか。

_1
ぱらぱらめくれるパンフレット。
_2

ばらばらの1週間がやってくるルールは決まっている。主人公中心に現象が発生する。
・主人公が起きた日が、次の日でなく別の日。
・範囲は1週間。
・同じ日がやってくることは無い。
・どの日がやってくるかは主人公には分からない。

ばらばらの1週間がやってくる理由とは、!!。
錯乱?。タイムスリップ?。超能力?。しかし理由はそんな単純なものではなかった。



「歴史は不思議に


 あふれている。」




・・・たしかにまともな理由は期待していなかったが、そりゃ無いよ。

----------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »