カテゴリー「旅行(2009.06_新潟)」の18件の記事

うをずし(2009.06.27)


ホテルをでて夕食にする。

新潟駅北口のほうが飲食店は多そう。

Img_5755w1024
新潟駅南口の西側は比較的にビルが多い。

Img_5757w1024
新潟駅南口の東方面、マンション街にうをずしはある。

Img_5761w1024
とりあえず酒。八海山。

Img_5764w1024
極みと笹寿司。


Img_5765w1024
トロ、タイ、南蛮エビ(上に卵が乗る)、カワハギ(上に肝が乗る)、あじ。
カイ?、軍艦(イクラ)、軍艦(ウニ)、カニ、赤いか。
タマゴ(クルミ入り)。

Img_5766w1024
味噌汁(南蛮えび入り)。最初に日本酒飲んだので酒がほろよく回ったところに味噌汁は美味しい。醤油は南蛮えびの卵から作ったもの。

Img_5767w1024
いわしの笹寿司。甘味があって美味しい。270円と値段もそれほどでない。
 

 

直前まで店選びしてなかったのだから仕方ないが、この店はクーポンがあった。


にいがた鮨三昧 :: すし店検索ページ
http://www.niigata-sushi.com/modules/xnspro/singlelink.php?lid=1038



極みは、新潟県の寿司屋の共通メニュー。
厳選特上にぎり10カン 3,000円(お椀付き)。

うをずし:新潟県 すし三昧 極み(きわみ)
http://www.sushi-kiwami.com/details/?1038

Img_5763w1024


新潟県旅行(2009.06.27~28)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

徒歩(2009.06.27)


弥彦神社巡りが終了し、今度は温泉へ向かう。徒歩。
・・・今思えば何で歩いたんだろう。あの時はとにかく温泉に行きたかった。
道沿いに歩くだけだから迷わないとは思ったが。
あんまり長い時間歩くから途中不安になった。道間違えたんじゃ?。
歩くたび歩くたび写真を撮って迷わないようにしていた。
結果としてはたどり着けたから良かったけど。

Img_5663w1024
14:23、弥彦神社からでて道沿いに進む。

Img_5664w1024
14:26、弥彦・岩室口交差点。

Img_5665w1024
14:27、道沿いを歩き始める。

Img_5666w1024
14:27、なんか神社っぽいもの見つける。

Img_5667w1024
草の奥には石段。

Img_5668w1024
石に大己貴尊(おほなむちのみこと)とある。大国主の若い頃の名前らしい。

Img_5670w1024
14:32、神社終了。道に戻る。

Img_5671w1024
14:36、弥彦村看板。ついに弥彦村を出る。

Img_5672w1024
14:42、道。

Img_5673w1024
14:48、浄専寺の看板。

Img_5675w1024
浄専寺の門。

Img_5677w1024


Img_5678w1024
浄専寺終了。

道に戻る。

Img_5683w1024
14:52、2号線直進、岩室温泉。

Img_5685w1024
15:03、だいろの湯がみえた!!。




Img_5686w1024
15:04、安心したところで寄り道。種月寺本堂入口。

Img_5687w1024
種月寺へ。

Img_5689w1024
門。

Img_5690w1024
奥へ進む。

Img_5691w1024
本堂到着。

Img_5694w1024
意外。けっこう豪華なお寺。

Img_5698w1024
種月寺。

元来た道を戻り、再びだいろの湯へ。

Img_5701w1024
15:13、多宝温泉だいろの湯到着。

Toho
2km以上歩いている。50分かけて歩いた。

新潟県旅行(2009.06.27~28)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

弥彦神社⑬帰り(2009.06.27)


弥彦山は終了。ロープウェイに乗って山のふもとへ降下。

Img_5656w1024
今回は下り方向。


「向こうに見えます赤い建物が日本一の大鳥居です。」
「どこどこ」
「ぜんぜん見えへん」
「あそこのロープの端のとこ」
「あ~あったあった」

そんなガイドと客の言葉を聞いていた。
「いったいどこなの日本一の大鳥居。」
などと聞く勇気は持ち合わせていない。

Img_5657w1024
目の前に地図はあるが景色からは見つけられなかった。

ロープウェイで降りた後は元来た道を戻るが岩室温泉方面へ向かう。

Img_5659w1024

Img_5660w1024
14:21、弥彦神社を後にする。

Img_5662w1024
この駐車場を通り抜けて、あとは気長に歩く。

Kaerimiti
弥彦村マップ。


*************************************************
弥彦神社大鳥居に関して:

インターネットで検索すると、次のような内容の文面があった。

弥彦の鳥居はもう数年前に日本一ではなくなっています。
確かに一時期は日本一でしたがすぐに更新されました。

鳥居から数十メートル先の右側に弥彦村役場があります。
とてつもなく豪華な役場ですよ。
(Yahoo!知恵袋)

なんか弥彦村役場の方が気になる・・・。

ちなみに高さベスト3の鳥居は下のとおりらしい。
・和歌山県熊野本宮大社 :33.9メートル。
・奈良県三輪明神     :32.2メートル。
・新潟県弥彦神社     :30.16メートル。

弥彦の大鳥居をGoogleマップで見てみる。

Ootorii01
29号線沿い。矢作駅のほうが近い。

Ootorii02
たぶんこれ。でかいし道またいでる。

Capu012
弥彦村役場。確かにでかい。

新潟県旅行(2009.06.27~28)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

弥彦神社⑫パノラマタワー(2009.06.27)


13:30、山道を下り、展望食堂まで戻った。

高さ100mの360度回転昇降展望塔パノラマタワーや展望レストランがあり、絶景の眺めを楽しむことができます。
【弥彦村オフィシャルペーパー“やひこ”】

Img_5625w1024
パノラマタワーが見える。

Img_5627w1024_2
塔に対して円筒の部分(パノラマ展望台)が回りながら上下する。

Img_5629w1024
それでいったいどこから乗るのか。塔は崖下から生えている。

Img_5630w1024_2
ロープウェイ山頂駅売店で聞いたところ、展望食堂から乗り場に行くとのこと。
確かになんかある。

Img_5631w1024


展望食堂でチケットを買う。
クライミングカー上下往復350円、パノラマタワー650円、合計1,000円。


Img_5632w1024
あった。パノラマタワー方面クライミングカー乗り場。

Img_5634w1024
パノラマタワーのところ。駐車場と売店。下からのびる道は弥彦登山道らしい。

Img_5635w1024
クライミングカー。今は下側にいる。


クライミングカーで下りる。下は駐車場と売店。定時になるとパノラマ展望台が出発する。


Img_5637w1024
パノラマ展望台の座席。円形。ゆっくり回りながら上昇する。



パノラマ展望台出発。ゆっくり回りながら上昇していく。


Img_5640w1024
展望食堂を上空から。


Img_5641w1024
なんだろう。山道。


ゆっくり時間をかけて上空へのぼる。




Img_5647w1024
展望食堂から。

Img_5648w1024
山道。

Img_5649w1024
日本海側。海が霧状のモヤかかってる。

Img_5650w1024
日本海側。佐渡島見えない。

Img_5651w1024
山道。弥彦登山道。

Img_5652w1024
ロープウェイ山頂駅。と越後平野。

Img_5653w1024
越後平野。

Img_5654w1024
展望食堂。これで一周。



佐渡島は見れなかったけど、風景見れて一応満足した。
展望というか、上から下の景色を見下ろすのはとても好き。
個人的には人やら電車やらがチョロチョロ動くのを見るほうが面白い。
動きがないとあまり面白くないってところは子供じみた感想かもしれない。



どーでもいいけど唯一の謎は、売店に「おっ○いプリン」が売ってた事。
弥彦神社と関係あるんだろうか。ないな。

Panorama
弥彦村マップ。

新潟県旅行(2009.06.27~28)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

弥彦神社⑪御神廟(2009.06.27)


一路、御神廟をめざす。

Img_5583w1024
道しるべに沿って進む。

Img_55851
途中にあった地図。山を下れば日本海にも出られるのか。

Img_5624w1024
山道のぼる。太陽が暑い。日光が暑い。

Img_5622w1024
続いてのぼる。

Img_5587w1024
途中、道の左側に建物が。

Img_5619w1024
新潟テレビジョン放送局5チャンネル。

Img_5588w1024
こっちはNHK、FM新潟。

Img_5589w1024
山頂で見たアンテナはこれだったのね。

Img_5590w1024


Img_5593w1024
再び山道をのぼる。

Img_5596w1024
御神廟一歩手前の鳥居にやっと到着。

Img_5597w1024
石碑。伊夜彦がどうとか。

日本最古の万葉集には、弥彦神社を詠んだものが二首歌われています。
「伊夜比古おのれ神さび 青雲のたなびく日すら 小雨そぼ降る」
「伊夜比古 神の麓に今日らもか 鹿の伏すらむ皮衣きて 角つきながら」
【弥彦神社 http://www.e-yahiko.com/kankou/jinjya/jinjya.html】

その一首目ですね。

Img_5598w1024
弥彦山石碑と立て看板。

Img_5600w1024
御神廟説明パネル。
・御神廟とは、山頂に祭られる彌彦神社の御祭神の御廟(奥宮)。
・神武天皇の勅命で天香山命(あまのかごやまのみこと)が越後地方を平定。
天香山命って神武天皇の部下ってこと。

Img_5603w1024
奥へ進む。

Img_5604w1024
越後平野。

 

13:19、御神廟到着。さすがに疲れた。太陽が暑い。

Img_5607w1024
御神廟。少し物足りない気もするが史跡なんだし。

Img_5608w1024
天香語山命。

Img_5613w1024
日本海。天気はカンカン照りなのに海上は霧模様。

Img_5614w1024
おそらく佐渡島方面。霧で見えない。

Img_5615w1024
さらにぐるっと回る。

Img_5617w1024
もと来た入口に戻る。

Img_5618w1024
帰り道。あとは下るだけ。

Gosinbyo
弥彦村マップ。

新潟県旅行(2009.06.27~28)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

弥彦神社⑩弥彦山山頂(2009.06.27)


標高638mのや弥彦山の山頂に弥彦山山頂公園はあります。
青色の広い日本海が一望でき、晴れた日は佐渡島を見ることができます。
頂上には高さ100mの360度回転昇降展望塔パノラマタワーや展望レストランがあり、絶景の眺めを楽しむことができます。
夏の訪れとともに咲き誇る約1万株のアジサイが見事で、毎年6~7月に見ごろを迎えます。
【弥彦村オフィシャルペーパー“やひこ”】

12:54、弥彦山山頂に到着。

Img_5555w1024
到着。弥彦山山頂。展望食堂が見える。

Img_5556w1024
弥彦山からの撮影。日本海。佐渡島は見えない。

Img_5557w1024
山方面。いい天気。日焼けしそう。

Img_5558w1024
そして展望食堂側を撮影。


さて肝心のアジサイは?。
探せど見つからず。どうやら時期が早くてまだらしい。
(そのときはまったく見つからないと思ってたけど写真見たら色の薄いのがたくさん写ってる。時期が早くて色づいてなかったようだ。)


Img_5559w1024
探したらあったあった。ちょっとあった。

Img_55601
きれいに色づいたアジサイ。

Img_55612
自分にしては感動的にうまく撮れた。きれい。このアジサイが一面満開になってたらすごいな。


はい。もうアジサイ撮れて満足。このまま新潟移動してもいいくらい。
とはいえ御神廟見ずに移動するわけにもいかない。ということで。

Img_5562w1024
展望食堂をめざし階段のぼる。

Img_5563w1024
すでに見えるパノラマタワー。高くそびえる。

展望食堂は、1階・2階は食堂。
時間的には昼飯時。しかし食べない。
ひとつはおなかがそれほど減ってないから。温泉まんじゅううまかったしね。
もうひとつは、せっかく新潟来たのにカレーってのはちょっと。それよりはおなか減らして夜食べるほうがいいと思ったわけで。

3階はなんかの展示がされている。
そしてその上の屋上へ上る。

Img_5568w1024
弥彦山ロープウェイ山頂駅。

Img_5569w1024
弥彦山登山道。ここまで車で登れるらしい。

Img_5570w1024
パノラマタワー。とういうか塔。塔をみるとカリン塔って名前が思わず出る。

Img_5571w1024
日本海方面。海上に霧が出てなければ佐渡島が見えるはずなのに。

Img_5574w1024
山。

Img_5575w1024
山。


Img_5576w1024
山とアンテナ。

Img_5577w1024
また山。

Img_5578w1024
日本の穀倉地帯、越後平野。

Img_5565w1024
すらっと伸びるパノラマタワー。

Img_5566w1024
どこから伸びているのか。一度、下に降りなくてはパノラマタワーに上れないようだ。しかしその肝心の下に行く方法がよく分からない。目の前のそこなのに。

Img_5580w1024
パノラマタワーてっぺんを撮影。くるくる回る風のセンサーが見える。
ここならすごく見晴らしはよさそう。非常に怖い場所ではあるけど。


あらかた撮影が済んだところで弥彦神社御神廟をめざして移動開始。
13:06、まだ太陽は十分高い。

Img_5564w1024
弥彦神社御神廟方面へ移動する。

Tenbou
弥彦村マップ。

新潟県旅行(2009.06.27~28)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

弥彦神社⑨弥彦山ロープウェイ(2009.06.27)


12:33、弥彦神社本殿の横から万葉の道へ出て弥彦山山頂へ向かう。

Img_5538w1024
本殿横の万葉の道。

Img_55391
小山作之助作詞作曲の小学校唱歌を彫った堀城水の石碑。

Img_5541w1024
このまま登ると登山道にでる。

歩くと大変なのでロープウェイの駅へ向かう無料バスに乗る。



Img_5542w1024
ロープウェイ山麓駅到着。ロープウェイ往復1,200円。
コインロッカーがあったので荷物を預ける。300円。さすがに身軽にしとかないと。


Img_5544w1024
ロープウェイ出発。けっこう人いる。15人くらい。


Img_5546w1024
上っていく。

Img_5549w1024
ガイドさんの流暢な解説が入る。

眼下のうっそうたる杉森の中、弥彦神社とお社が見えてまいりました。
皇祖天照大御神と天香山命(あめのかごやまのみこと)をお祀りする、越後一宮弥彦神社は全国屈指の大社です。
神社の左手には、弥彦の森にこだまする弥彦競輪場。右手には温泉街。
正面の橙色の建物は弥彦総合文化会館です。
かすみの向こうに見える、日本の穀倉越後平野の雄大な大展望をご覧ください。

Img_5550w1024
弥彦神社を拡大撮影。あの門くぐってきたわけだと。

Img_5553w1024
ロープウェイ到着。7分くらい?。

Img_5554w1024
山頂駅。さて弥彦山から景色楽しむか。

Lope2
弥彦村マップ。

新潟県旅行(2009.06.27~28)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

弥彦神社⑧本殿(2009.06.27)


12:21、やっと本殿到着。
弥彦駅に10:28到着で、2時間かかったことになる。ちょっと宝物殿で時間つぶしすぎたか。

Img_5515w1024
正門から本殿がのぞく。

Img_5517w1024
正門くぐる前に狛犬みたいなもの撮影。

Img_5518w1024
門の中にいる武者。


Img_5520w1024
そして本殿。なんだろう。手前の草のわっか。

Img_5523w1024
本殿。

Img_5525w1024
もっと寄って本殿。けっこう豪勢なつくり。さすが越後国一宮。

Img_5524w1024
本殿内部。なにかやってる。

Img_5527w1024
本殿をもう一度撮影。ツアー客が増えてきた。


Img_5529w1024
本殿前の草のわっかの名称は茅の輪。
茅の輪を左・右・左廻りに三度くぐりぬけると罪穢が祓い清められる。茅の輪くぐり。
一応やっておいた。罪はないけど穢れてるかもと思って。


Img_5532w1024
この茅の輪のせいで人が多く、本殿の写真が撮りにくかったのは事実。

Wikipedia情報によると、弥彦神社のおみくじはかなり高確率で凶になるらしい。本当か?。知ってればおみくじやってみたのに。

Honden
弥彦村マップ。

新潟県旅行(2009.06.27~28)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

弥彦神社⑦境内2(2009.06.27)


12:06、宝物殿を出て本殿へ向かう。

この神社いろんな建物があるが全部同じに見える。

Img_5481w1024


Img_5482w1024
参集殿。

Img_5484w1024
舞殿・楽舎。

Img_5485w1024
絵馬殿。近くに取水舎(水のみ場)がある。

Img_5486w1024
赤丸が御神木の立て札。やっぱ中央が御神木?。左方面には宝物殿。

Img_5487w1024
石の鳥居。この奥を通った参道の先が本殿。


Img_5488w1024
鳥居くぐって右、神馬舎。

Img_5489w1024
神馬。


Img_5490w1024_2
参道を進むと本殿に到着する。


しかし右方向になんかあるのでそっちを先に見る。
立て札がある。

Img_55131
分社やらなにやらの説明だと思ってみていた。

奥に進むとまた鳥居。

Img_5491w1024
鳥居。

Img_5493w1024
鳥居をくぐると何か建屋がある。



その建屋から見た風景がこちら。

Img_5494w1024
建屋から右手。米倉?。

Img_5495w1024
建屋から右手前。ちっさい社?。

Img_5496w1024
建屋から左手前。あれ?。

Img_5497w1024
建屋から左手。おぉっ?。


なにこれ??。

ちょっと社が多くない??。



Img_5499w1024
右端から写真撮るとこんな感じ。


さっきの赤茶色の看板はこの神社内神社の説明だったらしい。
刀はいっぱいあるわ、天皇家肖像画はあるわ、神社内神社はあるわ、おまけにロープーウェイまである。

こんな神社、


はじめてだよ。


とりあえず写真撮っとく。

Img_5503w1024
十柱神社。


Img_5502w1024
八所神社。

Img_5504w1024
二十二所社。

Img_5505w1024
乙子(おとこ)神社。

Img_5506w1024
勝(すぐる)神社。

Img_5508w1024
今山神社。

Img_5509w1024
草薙神社。

 
船山神社。
・・・撮り忘れたらしい。まあいいか。

 


Img_5510w1024
武呉神社。


そして本殿へ向かう。

Keidai2
弥彦村マップ。

新潟県旅行(2009.06.27~28)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

弥彦神社⑤宝物殿2F、志田大太刀(2009.06.27)


宝物殿2F、志田大太刀のある部屋へ移動した。


重要文化財 志田大太刀
応永二十二年、古志郡夏戸の城主、志田三郎貞重が奉納。刃渡り2.204m。

Img_5261w1024
壁一面を一本で占める。

Img_5262w1024

Img_5263w1024

Img_5264w1024

Img_5265w1024


Img_5266w1024
錆びが浮いている。城主が奉納したんだから戦場で使ったんだろうな。生き血吸っちゃったか。

志田大太刀のインターネット上の説明文に、

応永22年(1415)に越後国古志郡夏戸の志田三郎定重が奉納したもので、
刃渡2.2mの巨大な太刀です。日本一とも云われております。

とある。しかし、さっきの刀剣展の「大太刀 三家正吉(さんけまさよし)」は刀身2.24m。あっちのほうが若干大きいような気がするが。
とにもかくにも、これで今回の新潟旅行の目的「弥彦神社で志田大太刀を見る」は完了。

あと、他の展示物。

Img_5256w1024
大鉄鉢。

Img_5258w1024
神宮撤下 御神宝。

Img_5259w1024
福島家奉納 弥彦神社御神馬像原型。

新潟県旅行(2009.06.27~28)


| | コメント (0) | トラックバック (0)