« 2013年10月 | トップページ | 2014年2月 »

2013年11月の2件の記事

デジゲー博(2013.11.17)


デジゲー博に行って帰ってきた。

同人&インディーゲームオンリー展示・即売会「デジゲー博」
http://digigame-expo.org/

20131117_105150.jpg
10:45、京急蒲田駅到着。

大田区産業プラザPio。1階のイベント待機列は外いっぱい。
2階へはすんなり。
カタログ700円買って、待ち。50人くらい?。
11:00、開始の拍手。
人混みはそこそこ、移動は苦にならない。

上海アリス幻樂団ZUNさんのブースが少しひとだかり。
PC9801?で旧作稼働とタブレット(Surface Pro?)で黄昏酒場。紅魔郷とかいろいろ遊べるらしい。

旧作稼働準備はZUN氏さんとは別の人がやったとか周りの人が言ってた。
旧作で遊んでみたが操作はキーボードでキーの配置で左右操作は良いが上下操作しにくかった。


20131117_115517.jpg
上海アリス幻樂団の展示物。旧作撮り損ねた。もうちょい画面左で動いている。
ビルの奥になんかよくわからん基板があって。
タブレット(Surface Pro?)で黄昏酒場とか。黄昏酒場は操作分からずやはり撃沈。
Surface Proで東方検索すると、Windows8で問題なく動作するらしい。

20131117_115522_2.jpg
幻樂団の歴史。良く見るとWikipediaよりって書いてある。

20131117_152748.jpg
無料配布物もらって。

12:02、移動。
まだ1時間しか経っていないからか、1階のイベント待機列はまだまだ続いていた。

横浜のヨドバシでSurface Pro買って帰る。

20131117_132433.jpg
特徴的なビルのヨドバシ。

20131117_132329.jpg
かきが2000円で食べられるとか」どうとかイベントあったけど帰る。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

Microsoft公式のリモートデスクトップアプリ「Microsoft Remote Desktop」(2013.11.16)


やったことをありのまま書こうと思う。

ちょっとおもしろそうな記事があったので。

無料でiOS・AndroidからWindowsを遠隔操作できるMicrosoft公式のリモートデスクトップアプリ「Microsoft Remote Desktop」の使い方 - GIGAZINE
http://gigazine.net/news/20131018-microsoft-remote-desktop-for-iphone-android/

Androidからリモートでパソコン操作できるらしい。
リモートデスクトップは危険というスタンスだったけど、ちょっとだけやってみるかと。

Android:SonyTabletS SGPT112JP/S(Android4.0.3)
リモートデスクトップ対象パソコン:Dell Inspiron7720(64bitOS Windows7 HomePremium)
無線LAN:FON

Androidにアプリのインストールはできた。パソコン名も入力したけどつながらない。これは予想通り。リモートパソコンの設定をしていないから。なぜしないかといえば、設定が分からないから。


パソコン名は分かる。



少し検索。

[iPhone, iPad] Microsoft Remote Desktop: 対応するWindowsを遠隔操作できるマイクロソフト純正アプリ。無料。 - たのしいiPhone! AppBank
http://www.appbank.net/2013/10/18/iphone-application/686145.php

Windows に含まれる機能を使って遠隔操作を行うので、あらかじめ設定を行っておく必要があります。

リモートデスクトップで艦これもできちゃうMS公式Androidアプリがイカス!
https://weekly.ascii.jp/elem/000/000/179/179487/

 接続されるPCは、システムのプロパティの“リモート”タブにある“このコンピューターへのリモート接続を許可する”にチェックをいれればオーケー。あとは、コンピューター名、もしくはそのPCがルーターから割り振られているプライベートIPアドレスを確認しておこう。

・・・
リモートアシスタントの文字はあるが、リモートデスクトップの文字がなく、
どうやったら表示が出せるのか。



表示出るのかな。




もう少し検索。


リモートデスクトップが接続できません - Windows 7 - 教えて!goo
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6709253.html

マイクロソフトの下記サイトの機能比較にて
「リモート デスクトップ接続を使用して、ビジネス用のリソースやアプリケーションにリモートでアクセスします。」
という機能は「Home Premium」では使えない、となっています。


うちのパソコンはWindows7 HomePremiumですね。


そっか、使えないか。納得。

だれかHome Premiumでリモートデスクトップやってないか検索。するとあった。

僕のポケット: Mac - Windows7 Home Premiumにリモート接続する方法
http://boku-pocket.blogspot.jp/2012/03/mac-remote-desktop-windows7.html

Concurrent RDP Patcherを使う



そのリンク先のサイトは良くまとまっていたのでそちらを参考にしていたが、一つ引っ掛かった。

Windows 7 Home Premiumでリモートデスクトップのホスト機能を持たせる方法
http://www.facebook.com/note.php?note_id=261900530544614

4.Windows ファイアウォール(または、現在ご使用のパーソナルファイアウォール)で、リモートデスクトップの標準ポート(3389)の受信を許可しておく。

これが探せない。どこで設定するのか。

・・・
迷ってたけど上記設定無しでアプリでアクセスしたらうまくいった。自動で設定されてるのか??。



パソコン設定手順:

Concurrent RDP Patcher。良く使うだろうからデスクトップに置く。そして起動。

Options
・Enable multiple logons per user … ユーザーごとに複数のセッションを有効にする場合チェックする。
・Enable blank password logons   … 空白のパスワード・ログオンを有効にしたい場合チェックする。

特にOptionsにチェックなしで【Patch】をクリック。

20131116_095525.jpg
とりあえずうまくいった。

20131116_095811.jpg
東方輝針城は動かなかったけど。



感想:
自分のパソコンがタッチパネル状態になるのは面白いけど、やっぱりパソコンのほうが操作しやすい。遠隔リモートデスクトップは便利なのは実感。



現在のところリモートアクセスの場合、パソコン名が分かってるとパスワードなしアクセスできるので、とりあえず無効(Concurrent RDP Patcherで【Unoatch】)にした。危ない。危ない。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2014年2月 »