カテゴリー「文化・芸術」の10件の記事

平成23年度[第15回]文化庁メディア芸術祭(2012.02.24)


文化庁メディア芸術祭に行ってきた。2/24はまどか☆マギカの上映会があるということで。

小田急線で行く。途中小田急が遅れるとか。喧嘩すんな。

実はこれが初ツイートだったりする。


9:00到着。正門入り口に列形成。定員70人のはず。見た感じもう70人くらいいるような。
聞いてみたけどまだ可能性はあるとかで並んでみる。
9:30、列移動開始。しかし整理券もらえない位置だと分かる。解散。
とりあえず朝食にして。
10:00、出直し入場。
入り口で列形成されてる。まどかまぎかの整理券まち?。もう並べない。

客層は(今日は)若い人多め。
展示はフラッシュたかなければ撮っていいものと、撮影禁止の物とあって少し迷う。
アニメ部門はどうも全面撮影禁止っぽい。

20120224_095524
20120224_095524 posted by (C)watawata_knoppix



particles:

20120224_101928
20120224_101928 posted by (C)watawata_knoppix

ボールの中に無線基板。

20120224_102559
20120224_102559 posted by (C)watawata_knoppix

転がりながら光を点灯・点滅・消灯変化。この球が30くらい転がる。
この写真だと火の玉状態だけど、もっとゆっくり目の移動。


Que voz feio(醜い声):

20120224_103519
20120224_103519 posted by (C)watawata_knoppix

左右の人が同じ内容の話を話すとかいう解説あったので。
8分程度。なんだけど、時間があったので右見て左見て違いを確認してた。
雪子さん左と悦子さん右、どっちが逆さ釣りなのか分からん。

20120224_110634
20120224_110634 posted by (C)watawata_knoppix

20120224_112712
20120224_112712 posted by (C)watawata_knoppix

20120224_115352
20120224_115352 posted by (C)watawata_knoppix

20120224_120255
20120224_120255 posted by (C)watawata_knoppix




リズムシ:
オトノアソビバ 成瀬つばさ公式web
http://otonoasobiba.hiroimon.com/

手書きラップアプリ。
「サムラーイ」「ニンジャー」とかいい声のラッパーが叫ぶ。
結構やってて楽しい。
撮影してたけど良く見たら撮影禁止だったみたい。分かりにく。


SPACE BALOON PROJECT:

20120224_122252
20120224_122252 posted by (C)watawata_knoppix

ハッシュタグ「#megeispace」の前にはスペースを入れるとか、ツイート後15秒表示されるとか教えてもらったけど。
実際にTwitterのつぶやきが表示された時はびっくりした。

20120224_122308
20120224_122308 posted by (C)watawata_knoppix

20120224_122314
20120224_122314 posted by (C)watawata_knoppix

宇宙??。

Twitterに記念写真届いてた。


20120224_122319
20120224_122319 posted by (C)watawata_knoppix

ここで終了して昼食。チャーハン。

痛車展示方面へ移動。

そのほかにも適当にまわって終了。

帰り際。淡路島カレー。



 






| | コメント (0) | トラックバック (0)

第17回 東京国際ブックフェア(2010.07.11)


第17回 東京国際ブックフェアに行ってきた。
たまたまビックサイトでやってたから。

20100711_bookfair_05.jpg
ビックサイトまでは小田急東京メトロフリーパスとゆりかもめで。


20100711_bookfair_06.jpg
入場料1,200円。WEB上で入場登録しておけば無料だったのに。

人がいっぱい。小ブースが多くて動きづらい。
本来は本を安く入手できるイベントらしいが、本買う予定なし。

なんで誰も写真撮ってないのかと思ったら写真撮影は禁止だった。

20100711_bookfair_01.jpg
適当に目録とかもらう。鉄腕アトムのバッグがやたら目についた。

20100711_bookfair_04.jpg
サウジアラビアのとこはいろいろもらえた。さすがサウジ。

最終日は西館の半分しかやってなかった。
電子書籍もちらほら見かけたが一番わかりやすかったのがこれ。

20100711_bookfair_03.jpg

20100711_bookfair_02.jpg

ペンで本をタッチするとその部分の文字の音声が流れる。
カラクリは本にコード(細かい模様みたいにみえるが気づかない)があって、それをペンで読み取って音声をだしているらしい。


あんまり長居して時間つぶしても仕方ないのでさっさと出た。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

第41回東京モーターショー2009(2009.11.03)


東京モーターショーに行ってきた。

行きは有楽町→新木場→海浜幕張のルート。
14:20、海浜幕張駅到着。

Img_0492w1024


Img_0503w1024
会場。幕張メッセ。

Img_1004w1024
ディズニーのトラックがあり。

Img_0706w1024
YAMAHAのブース。作品No.07冒険の道標。砂漠の民のイメージ。

Img_0715v1024
砂漠の民の感じがあふれるというか。すっごくいい。

Img_0533w1024
NISSANブースの都市模型。ちっこい車が動く。どうやって動いてるのか不思議な光景。

Img_0937w1024
MAZDAブース。清(きよら)。つやとか光沢きれい。

Img_0813w1024
HONDAブース。アシモ。人だかりがすごい。
アシモはそろそろ車乗り回してもいいと思う。

Img_0829w1024
ハーレーダビッドソンブース。ここが一番明るくてきらびやか。省エネ無視のライティングブース。

写真撮っててわかったことだが、車の反射・つや・光沢ってうまく撮影できない。なんか肉眼で見るのとデジカメの画像ってイメージが違う。

全体的にエコブームというかエコカーとか地球にやさしいとかCO2とか。どこのメーカーも同じようなもん。テーマがおなじだと車の形も似てくるのか、違いがわかりにくいというか個性が出ないというか。




 


あとはコンパニオンさん撮影した。

※ココログの画像容量節約のため、元データを削除しました。サムネイル画像をクリックしてもリンク先はありません。

 
DataSystemブース。
Img_0560

Img_0645


HITACHIブース。
Img_0738


DENSOブース。
Img_0746


SUZUKIブース。
Img_0783
ALTOのまわりにコンパニオンさん、そして展示台が回転。

Img_0787
ハルヒっぽい。


日本特殊陶業ブース。
Img_0845

TOYOTAブース。
Img_0849
CMに出てきそうなぐらい妙に元気で自信満々なコンパニオンさん。

KYMCOブース。
Img_0883
ひとごみが多くて。この写真が一番きれいに撮れてた。


車とコンパニオンさんが一緒に展示台に乗っているところは人だかりになっている。その人ごみをかき分けての撮影は無理っぽい。前の人が動かない。デジカメ上に掲げて撮影してみてもうまくいかない。手前の人ごみに焦点があってしまう。
 
コンパニオンさんが車のまわりをまわるとそれに合わせてカメラ持った人が動く。ちょっと感動というか。上から見ると気持ちいいんだろうと思う。


帰りは海浜幕張→西船橋→大手町→日比谷のルート。
東京メトロフリーパスなら西船橋が東京メトロ東西線なので安くなる。
つけ麺食べに日比谷駅へ戻る。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

お台場ガンダム③(2009.08.01)


2009/08/01、お台場のガンダムを見た。

GUNDAM 30th ANNIVERSARY|ガンダム30周年記念サイト
http://www.gundam30th.net/index.html


Img_6654w1024
19:09、会場に戻る。

Img_6661w1024
後ろ姿。

Img_6667w1024
下から。

Img_6668w1024
バーニア撮影。

Img_6672w1024
横にまわる。

Img_6679w1024
夜の会場のほうが昼より人が多い気がする。

Img_6680w1024
肩のマークはオリンピック記念。

Img_6690w1024
正面。

Img_6686w1024
暗くてもライトアップの照明でけっこうきれいに撮れる。

Img_6693w1024
左側面へ。

Img_6703w1024



ガンダムの下から撮影や、足に触れる列に並ぶ。
時間は19:30。

Img_6726w1024
並びながら撮影。

Img_6728w1024
足。

Img_6730w1024
見上げて撮影。

Img_6737w1024
ガンダムの真下より。

Img_6738w1024
 

Img_6749w1024
ガンダムを通り抜けて下から撮影。

Img_6753w1024
通り抜けて終了。


20:00でライトアップ終了。そして20:00に動く(首が)。
それまで時間つぶしに何枚も撮影する。

Gundam_wallpaper_test_second
なんか昔のガンプラのCMみたいな構図。壁紙用に。

Img_6827w1024
目は複数のライトで構成。


そして、時間は20:00。最後の動くガンダムの時間。

Img_6829w1024
どうも熱狂的なファンは少ないらしく、正面位置への移動も容易。運が良かったのか。

Img_6831w1024
消える照明。

Img_6835w1024
光るガンダム。

Img_6838w1024


Img_6840w1024
目が光る。

Img_6846w1024
首が動く。

Img_6847w1024
煙が出る。これかっこいいよな。

Img_6849w1024


Img_6853w1024


Img_6858w1024
そして上を向く。

Img_6859w1024


Img_6860w1024
終了。

Img_6872w1024
照明消える。本日はここまで。

昼の明るいガンダムを見るより、夜のほうが幻想的でいい。
ただ、20:00で終了みたいだから時間制限がある。
19:00~20:00がいい時間帯ってことか。

Img_6894w1024
帰りは台場駅。

Map3
台場駅が一番近い。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

お台場ガンダム②(2009.08.01)


2009/08/01、お台場のガンダムを見た。

GUNDAM 30th ANNIVERSARY|ガンダム30周年記念サイト
http://www.gundam30th.net/index.html

Img_6588w1024
この位置からしばらく動かず。

オフィシャルグッズ販売の列に並ぶ。グッズは売り切れが多い。今回はオフィシャルブック購入のため並んだ。しかし長い。30分くらい。何でこんなに待つのか。
購入方法がなんか変。カウンター行って注文形式かと思っていたら違っていた。
手順:
①列に並ぶ。
②順番が来たら売場コーナーに入りかごを持つ(複数の人間同時)。
③欲しいものを見て廻り、レジで会計。
順番が来たら売場に入って購入するシステム。時間かかるわ。客に良く見て選ばせようという配慮なのだろうが。

Img_6911w1024
GUNDAM 30th ANNIVERSARY OFFICIAL BOOK。2500円。やや高い。

グッズ販売に「エコバッグ」ってよくある。今回のガンダムにもある。どうせだれも買い物に使わないからその時点でエコじゃなくなる気がする。


オフィシャルブック購入完了。時刻は18:00。

Img_6594w1024
売場を出て会場に入る。

Img_6596w1024
左。

Img_6597w1024
右。

Img_6598w1024
左。首が動くガンダム。まあここまでは知っていた。しかし。




Img_6600w1024
あれ?。



煙が出て



きた!?





Img_6602w1024
プシューと出る煙。おお~!?

Img_6604w1024
会場も少しざわつく。まさか煙を出してくるとは。

Img_6608w1024
この煙、なんか水蒸気みたい。終了後、結露してた。

Img_6610w1024
シューシューでる。

Img_6611w1024
肩から煙。

Img_6612w1024
バーニアから煙。

Img_6613w1024
足から煙。そして。

Img_6615w1024



上を
 

 
向く!?





Img_6617w1024
正面向いて終了。


Img_6619w1024
動かなくなったところで正面へまわる。

Img_6621w1024
顔が見えてきた。

Img_6622_2
正面撮影。この時点でガンダムの左肩には五輪招致ロゴがあった。

情報:

【東京・お台場】実物大ガンダムの左肩に五輪招致ロゴ 足元ではハロがカウントダウン(東京エスノ、2009/08/01)
http://tokyo-ethno.jugem.jp/?eid=2569

Img_6624w1024
いや、かっこいい。

終了後、水分補給にいったん外へ出る。


休憩(2009.08.01)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

お台場ガンダム①(2009.07.26)


2009/07/26、お台場のガンダムを見た。

Img_6278w1024
15:03、東京テレポート駅通過。

Img_6279w1024
ウェストパークブリッジの上から撮影。チラッと見える。

Img_6280w1024
ズーム撮影。プラモみたい。

Img_6281w1024
お台場フジテレビ。この日も人がごった返していた。

Img_6283w1024
夕陽の塔。

Img_6286w1024
夕陽の塔。

Img_6284w1024
夕陽の塔から左に振り返るとガンダムがいる。

Img_6292w1024
ガンダム撮影。

Img_6293w1024
首が!?。こいつ、動くの?


15:33、入場。人はけっこういる。


Img_6298w1024
グッズは売り切れ多い。

Img_6301w1024


Img_6302w1024
背中のランドセル。バーニア。

Img_6303w1024



Img_6304w1024


Img_6305w1024


Img_6306w1024
ひざの裏。

Img_6307w1024
左足。くるぶし。

Img_6308w1024
左側面。

Img_6310w1024


Img_6311w1024
正面に向かう。

Img_6313w1024



Img_6314w1024
顔。目が光っている。


Img_6315w1024
コクピット。

Img_6318w1024
左拳。

Img_6321w1024


Img_6322w1024
この時間、正面は逆光状態。太陽をうまく隠して撮影。



ガンダムの真下に行く列に並ぶ。それほど長い行列にはなっていない。


Img_63391


Img_6342w1024
下から撮影。

Img_6343w1024




Img_6347w1024
近くでくるぶし撮影。

Img_6348w1024
足。

Img_6349w1024
ガンダムの股下を通り抜けて撮影。

Img_6351w1024
裏もも。


Img_6353w1024
出口。ガンダムの足跡。

Img_6356w1024
時間15:50。

Img_6357w1024
もう十分。帰る。

なんかイメージより若干小さく感じた。
遠景で見るとどうしても小さく感じてしまう。
立った姿よりも寝た姿のほうが大きさが実感できたかも。

このガンダム、決まった時刻に動いたり煙が出たりするらしい。

Map


見終わったので、有明駅移動


| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京国立博物館_東洋館、法隆寺宝物館(2009.05.16)


阿修羅展のついでに、東京国立博物館を見てまわった。

東洋館はアジアギャラリー。ミイラとか石仏とか。
01_2

40w1024
東洋館もでかい。

02w1024

03w1024

海獣葡萄鏡
05_
海獣と葡萄と鳥の入った鏡。


揚銭樹
08_



三彩駱駝

13_
7~8世紀。唐。


響銅鳥文帯金具

17_
8~9世紀。唐。歴史的価値はともかく、きれいに並べてあるのが気に入った。


観音菩薩立像

30_
東魏時代。


如来坐像

34_
2~3世紀。パキスタン。右腕が欠けている。逆にそれが絵的にシュールで良い。


エドワード・ジェンナー像

37_

種痘の父ジェンナー。

**********************************************************

法隆寺宝物館。奈良時代の仏像・仏教関係のものの展示。保存のためか暗い。
04_



05
仏像群。


08


10


15


17



18



五大明王鈴
21_


五鈷鈴
23_


三鈷杵
25_
マンガで出てきそうな。

海磯鏡(かいききょう)
26_


竜首水瓶
27_
英名がDragonhead Pitcher。そのまま直訳。



**********************************************************


17:50、だいたいまわったので東京国立博物館を出る。
Img_4291w1024
阿修羅展人気はとまらない。

上野公園を通って上野駅へ。派出所をみた。

Img_4296w1024
珍しい形だ。

近いので秋葉原へ移動する。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京国立博物館_本館(2009.05.16)


阿修羅展のついでに、東京国立博物館を見てまわった。
本館は、日本ギャラリー。日本の古美術品展示。

18_
入場口からすぐ見える本館。しかしまわってみて分かったが、でかい。

19__2

05
帝冠様式の建築物。詳しくは知らないが明治時代の文明開化のイメージが強い。中も豪華。


いろいろ重要文化財はあるのだろうが、なにぶん時間がない。さくさく周った。


葵紋蒔絵野弁当
大名のピクニックセット。江戸時代から現代までかなりの年数が経過しているにもかかわらず、美しくきれい。技術力の賜物か。

012 022

03_012

042

052

062

072

082




日本刀は美しい。刀工は技術的に極めた芸術家だと思う。

太刀 福岡一文字助真
鎌倉時代。剛刀。重そう。加藤清正が徳川家康に献上したとか。

01__

01__2


太刀 古備前吉包
鎌倉時代。太刀にしては細身。将軍家光から桂宮の若宮へ献上。

02__

02__2


薙刀 長船長光
鎌倉時代。薙刀は珍しい。造形もきれい。

03__

03__2




魚屋(ととや)茶碗 銘 さわらび
14___


菩薩立像
Photo
ガンダーラより。


十二神将立像
Photo_2
神奈川県横須賀市曹源寺。鎌倉時代。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

阿修羅展(2009.05.16)


新宿に用事があったので、ついでに阿修羅展に行くことにした。場所は上野の東京国立博物館、平成館。

04

Img_3534
ちなみに九州国立博物館にあった広告。


13:57、上野駅到着。阿修羅展チケット購入。1,500円。このチケットで本館、東洋館、法隆寺宝物館も見て周れるのでそれほど高くはない。

06
阿修羅展は入場30分待ち。待つのには慣れているから平気だが。

移動、東京国立博物館へ向かう。
16_
チケット売り場。盛況。

17_
東京国立博物館入場口。人多い。

入場、平成館へ向かう。
_
平成館は奥のほう。

30_
もう並んでいる。30分待ちだからこんなもん。たいした人数ではない。

14:17、阿修羅展の列に並ぶ。1列4人。
14:37、最終コーナー。
14:45、入場。

残念ながら阿修羅展は撮影できない・・・。

第一展示場と第二展示場に分かれており、阿修羅がいるのは第一展示場。

第二展示場からまわった。
第二展示場は骨董品展示多い。
とにかく人が多い。そして遅い。なんで阿修羅が大人気なんだろう。
黒木瞳の声の解説サービスが500円。結構人気あるらしく列ができてた。

第一展示場へ。
立像が多い。よく後ろに回りこんで見ている人がいる。いったい何を見るところがあるのだろう。
八部衆と十大弟子の像のコーナーへ。

残念ながら阿修羅展は撮影できない・・・。

10大弟子は坊さんばかりで面白みに欠ける。八部衆のほうが個性的。

34_
写真撮れないので、もらってきた朝日新聞の号外の写真。カルラが有名。阿修羅も八部衆の1人。

朱の小さい鳥居郡に液晶パネルがあり、阿修羅の映像が表示されている回廊に到着。
阿修羅回廊と勝手に呼ぼう。
阿修羅回廊抜けていよいよ阿修羅とご対面。

残念ながら阿修羅展は撮影できない・・・。

阿修羅を囲む人の渦。
阿修羅を一周するだけだが、人ごみがすごい。
館内の説明員の声。
とまらないでください。左回りに進んでください。
そうは言っても動けない。牛よりもゆっくり周っている。
間近で見たけど阿修羅は阿修羅。
後姿も普通。胴から上が特徴的で、胴から下は普通の仏像だった。

お土産コーナー。
阿修羅フィギュア売り切れ。フィギュアなのか?ってぐらいのレベルの品物。他にも奈良名物あったり、せんとくんグッズあったりと大盛況。「阿修羅」って酒もあった。

33_
平成館前の阿修羅張り紙。みんな記念撮影撮ってた。阿修羅が撮れるのはここくらい。


あとは、本館東洋館、法隆寺宝物館でも見てみるか。


*************************************************************

今回、阿修羅を見て分かったことは、「阿修羅の手、首は通常の人間の可動範囲と同じ」ということ。阿修羅の横の首は真横を向いていた。
体を3人で分け合う窮屈な構造でなく、1人の人間が動いた残像みたいな印象を受けた。
そこで作った3枚の画像。1人の人間でも下の動きをすれば阿修羅っぽく見えるかも??。

01
①顔を正面、手を前に。

02
②顔を右、手を横に。

03
③顔を左、手を上に。


hitoriasyura
①②③を0.01秒コマ送り(のはず)。手をたたいているようにしか見えない。

0103
理想形。①②③を重ねた。阿修羅っぽいけど。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

第12回文化庁メディア芸術祭(2009.02.08)


第12回文化庁メディア芸術祭に行ってきた。芸術祭はタダ。他は有料だった。

Img_0680

テレビでやっていたので少し気になっていた。

P1000018
国立新美術館。乃木坂(東京メトロ千代田線)で直接入館できる。一部屋の天上が高い。2階分くらいある。

Tenorion
TENORI-ON。
今回の目玉。
画面を押すと押した部分と周囲が光る。そして左から右へ移動する光の線上に光点があると音がなる仕掛け。
左上F1キーを押し続け画面を押す(十字カーソルになる)と音が様々に変えられる。右下は原曲が聞こえる。
音は確か「ピポピパ パポピポ ペペパプ ペペッポ」だったような。

微小鉄球の敷き詰められた箱。
一部分に磁力がかかり、手触りが変わるもの。
一部分に磁力がかかれば全体的にくっついてしまいそうだがそうはならなかった。そこがミソなのか。

CPUファンの壁。
説明が無いのかみつからないのか動作方法がわからなかった。この壁は行きと帰りの2回見ることになる。
1回目(行き):足元のセンサーで検知しているのか、みんな足元の台に足を置いていた。
2回目(帰り):音を検知しているのか、みんな手をたたいていた。
ただのCPUファンの集まった壁なのに人が集まっていた。数の勝利。

Img_0682
六本木には美術館が3つ。国立新美術館、サントリー美術館、森美術館。

P1000020
六本木ヒルズ。見上げる。今回は用事無いためスルー。


| | コメント (0) | トラックバック (0)