カテゴリー「Ubuntu/Jaris」の11件の記事

JarisでWindowsゲーム動作確認(2010.01.31)


ここまでのあらすじ。

「Japanese Solaris」、Jaris(ヤリス)。このOSにはMadorisというWindowsソフトを動作させるアプリケーションがある。UbuntuのWineみたいなものらしい。
このOSは悲しいことに開発が止まっているのか更新情報がない。

USBメモリからJarisの起動までは成功したが、ゲームがインストールできない。理由は、なぜかディスクサイズが1GB程度になってしまうため。

仕方なくハードディスクにインストールして起動。しかしDirectXのインストールがうまくいかない。諦めたのが2009年6月。
 
最近、有力な情報がコメントについたので調べてあれこれやってみたところ、DirectXはなんとかインストールできたっぽい。ゲームが動くようになった。

ちなみに、個人的にはJarisを「ジャリス」と呼んでいる。

ひょっとしたらDirectXのインストールなしでゲームできたかもしれない。

 

動作結果:

紅魔郷 動作した。BGMはwav選択で聞けた。
妖々夢 動作した。
永夜抄 動作した。
文花帖 動作した。
風神録 動作した。
地霊殿 動作した。
星蓮船 起動しない。
緋想天 黒画面で止まる。
非想天則 黒画面で止まる。

※花映塚はまだ買ってないので未確認。たぶん動く。


起動しないのはパソコンのスペックの問題だと思う。
Pentium4でのJarisでのゲームが荷が重いか。



黄昏フロンティア




紅魔郷:
前回のミス(BGMなしでのインストール)があったので、インストールし直した。

400_koumainstall
上を選択(下はBGMなしインストール)。

522_kouma


530_kouma_wav
BGMは、Midiだと聞けなかったがWavで聞けるようになった。

521_kouma
動く。BGMも聞ける。


妖々夢:
300_yoyomu
こっちは文字が読める。

310_yoyomu
動作した。

 

永夜抄:
721_eiya
動作した。



文花帖:
655_bunkacho
動作した。


風神録:
815_fujinroku
最初に買った東方。風神録一面が好き。

888_fujinroku
弾がおそいと思ったら、

889_fujinroku
処理落ち42%。


地霊殿:
911_tireiden
コミケ74で買った地霊殿。

920_tireiden
こっちも弾が遅い。カクカクしたものでなく、ゆっくりなめらか自然な処理落ち。

950_tireiden
処理落ち46%。


星蓮船:

うちのパソコン(Pentium4の方)でのJarisでは、まったく起動できなかった。

緋想天:
非想天則:

1250_hisotensoku

黒画面で止まる。どんだけ待ってもここから進まない。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひさびさJaris(DirectXインストール)


こんなコメントもらった。

MadorisはWineのフロントエンドに過ぎないので、「Wine DirectX」でググってみて下さい。
もしかしたらインストールできるかもしれませんよ。

投稿: 通りすがり@香川 | 2010年1月 6日 (水) 10時04分

「Wine DirectX」で検索すると詳しい情報がありました。

にわかSEの独り言:「ubuntu 8.10 x64のWineでDirectX9.0cをインストール」
http://wingse.blog57.fc2.com/blog-entry-185.html

けっこう手順ふむようですが、できそうな気になりました。アドバイスありがとうございます。

投稿: watawata | 2010年1月 6日 (水) 23時45分

 

Jaris(ヤリス)。OpenSolaris系のOS。「Japanese Solaris」。個人的にJarisを「ジャリス」と呼んでいる。このOSにはMadorisというWindowsソフトを動作させるアプリケーションが入っている。
USBにJaris入れて起動したがWindowsソフトのインストールがうまくいかない。ハードディスクにインストールするも、肝心のDirectXがインストールできなくて諦めたのが2009年6月。
Jarisすっかり忘れてた。2009年8月に一眼レフデジカメ買って以降、なんか時間がなくなってたからほったらかしてた。

そんなわけで「Wine DirectX」で検索してみた。

test_fast WineにDirectXインストール
http://testfast.blog.shinobi.jp/Entry/372/

Wineの場合は、こんな感じの手順らしい。

①mscoree. dll、streamci.dll、gm.dlsの3つのファイルを
  $HOME/.wine/drive_c/windows/system32/にコピーする。
  .NET Frameworkは、mscoree. dllがあれば大丈夫だと思う。
②DirectXをインストールする。

mscoree. dll、streamci.dll、gm.dlsを自分のマシンのWindowsXPからコピー。
そしてJarisにコピーするわけだが。

01_jaris_kidou
久しぶりこの画面。

02_login
ログイン画面。

 

 

久しぶり過ぎて

 

ユーザー名と

 

パスワードが

 

わからない。

 
 
 

いろいろやった結果、これだった。

ユーザー名:jaris
パスワード:jaris

こういう試験的パスワードはどっかにメモ残さないと忘れる。

03_desk
やっとログインできた。


トライ1:

ここで、ちょっと気になることの確認。Madoris設定を開く。

04_madoris_set
システムツール-Madoris設定。

05_madoris_set_appri
アプリケーション設定はWindowsXPにしている。

06_madoris_set_lib
ライブラリ。mscoree. dll、streamci.dll、gm.dlsの3つのファイルのうち、mscoreeのみ存在する。mscoreeを有効にしたらうまくいく??。

Seirensen_cdw1024
DirectXはゲームに付属のものを使用。

07_betuapri
DirectXのSeyup.exeを別のアプリケーションから起動(インストール)。

08_madoris
Madoris Windows Program Loaderで開く。

Jaris_madoris_24
セットアップ画面。同意して次へ。

Jaris_madoris_25
インストールの確認画面。

Jaris_madoris_26
この画面表示後、すぐに。

Jaris_madoris_27
内部システムエラー発生。前回の失敗と同じ。DirectXはインストールできない。



トライ2:
 
当初の予定通り、mscoree. dll、streamci.dll、gm.dlsの3つのファイルを「$HOME/.wine/drive_c/windows/system32/」にコピーする(=Madorisのsystem32フォルダにコピーする)。

system32フォルダにコピーする…。

・・・ 
 
system32フォルダって

 

どこ??。




Jarisにもエクスプローラっぽいものがあるけど探せない。見つけられない。

14_madoris_drive
Madoris設定ではCドライブは「../drive_c」。それがどこなのかわからない。



Japanese Solarisなので、ネット上で「Solarisでファイル検索」する方法を探す。

3.  ファイルとディレクトリの操作 (Solaris ユーザーズガイド (上級編)) - Sun Microsystems
http://docs.sun.com/app/docs/doc/816-3946/files-38045?a=view
ファイルの検索コマンド:findコマンド

$ find directory options
directory は検索を開始するディレクトリの名前、options は find コマンドのオプションです。

-print オプションを指定すると、検索結果が表示されます。
-name filename オプションを指定すると、filename に一致するファイルだけが選択されます。

たとえば、現在のディレクトリとそのサブディレクトリ内で、文字 s で終わるファイルを検索するには、次のように入力します。
$ find . -name '*s' -print

16_find
端末でfindコマンド実行。ルート(/)全体を検索。/export/home/jarisフォルダの下に、.madoris/drive_cがある。

20_jarisfolder
しかしJarisエクスプローラ上では見えない。


仕方ないので、引き続き端末操作。

25_cp2
コマンドでコピーする。

そしてDirectXインストール。

34_dx_install
DirectXの挙動が変わる。いい具合。

36_errormsg
??。何??。

37_errormsg

38_endmsg
失敗と出るが終了。

CPU does not meet minimum requirement;Streaming SIMD Extensions support required

でインターネット検索。

dxwebsetup.exeでインストールしていたら CPU does not meet minimum requirement;... - Yahoo!知恵袋
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1334900968
質問日時:2010/1/5 10:25:56
解決日時:2010/1/12 16:28:49
意外に最近の質問。

「CPUが最低要件を満たしていない。SSE命令のサポートが必要。」
このSSEというのは
MMX命令なので、PentiumIIIやAthron4/Duron以降なら搭載されています。
ただし、AMD系のCPUを使用している場合、パソコンのBIOS設定というメニューで3DNow! Professional TechnologyをEnableに設定しないと使用できないパソコンが存在します。
なお、エラーを出しているのはXAudio2なので、サウンド用のドライバのインストールに失敗したようです。

そんなわけない。Pentium4マシンだし。Jarisの設定の何かでエラーか??。
サウンド用のドライバのインストールに失敗したらしい。

この後、東方Projectのゲームで動作確認。地霊殿まで動いた。
という事はインストール成功でいいかな。

次は、JarisでWindowsゲーム動作確認(2010.01.31)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Jaris×Madoris×HDD(2009.06.13、DirectXインストールできない)


Jaris(ヤリス)。OpenSolaris系のOS。
JarisをHDDにインストールして、「Madoris」を使ってみた。「Madoris」はJaris上でWindowsソフトが動かせるアプリケーション。Linuxの「Wine」に当たるらしい。

使ってみた結果は、ゲームを動かすには、次の1点がどうしても必要。

  • DirectX9.0cのインストール

しかし、この点で止まってしまう。

Madorisソフトインストール結果:
・緋想天:インストールできたが起動失敗(DirectX9.0cが未インストール)。
・紅魔郷:インストールでき、起動成功。しかし音が出ない。

ちなみにJarisを「ジャリス」と呼んでいる。「Japanese Solaris」だから。



以下は具体的な話。
**********************************************************
JarisHDDインストール:
LiveUSBでMadorisを使ったとき、いろんな問題が絡まってうまくいかなかった。
HDDにJarisをインストールしてMadorisでちゃんとゲームできるかやってみた。
HDDは80GBのものが余っていたので、それを使用。
インストールDVDはこの本についていたものを使用。

Linux100%   7 DVD付   [本] Linux100%   7 DVD付   [本]
販売元:セブンアンドワイ ヤフー店
セブンアンドワイ ヤフー店で詳細を確認する

DVDで起動するわけだが、うちのパソコンでも起動するものと起動しないものに分かれた。パソコンの機種依存するのか?
**********************************************************
起動する:
 Intel Celeron CPU 2.00GHz
起動しない※:
 Intel Pentium3 CPU 1.00GHz
※起動しないものは途中で止まってしまうため。
**********************************************************

01_dvd
DVDで起動する。Jarisをインストールするをダブルクリックしてインストール開始する。

02
ようこそメッセージ。

03
ディスク選択。パーティション分割するか、全部使うか。

04
今回はすべて使う。

後は指示に従って設定する。

  • タイムゾーン、日付と時刻
  • ロケール(言語)
  • ユーザー

10
すべて終了すると出る確認画面。これが済むとインストール開始。

jaris_install.gif
イモリが白から黒へ塗り換わる。これを何回か繰り返して終了。
回数はパソコンの性能に依存するらしい。
うちのパソコンは10回やった。1時間かかった。

54
インストール完了。再起動する。

Img_4999w1024
HDDからJaris起動。Windowsと入っているがそっちは起動しない。


Madorisソフトインストール:

①普通にインストールして失敗(緋想天、DirectX9.0cがない)
Jaris_madoris_01
HDDからJarisを起動。

Jaris_madoris_03
念のためファイルシステムサイズ確認。空き容量65.6GB。問題ない。

Jaris_madoris_04
インストールするソフトのCDを入れ、Setup.exeを右クリック、別のアプリで開くを選択。

Jaris_madoris_05
Madoris Windows Program Loaderを選択。

Jaris_madoris_06
セットアップ画面。日本語がほとんど見えない。

Jaris_madoris_07
いつもどおり、C:\Program Filesを選択。

Jaris_madoris_08
?。

Jaris_madoris_09
デスクトップにショートカット作りますか?。

Jaris_madoris_10
確認画面。

Jaris_madoris_12
インストール問題なし。

Jaris_madoris_13
完了。

Img_5004w1024_
Madorisから起動する。最初、プログラムにMadorisいなかった。再起動したら出てきた。

そしてソフトは一応起動しかかるが、エラーが発生し終了する。

Jaris_madoris_21
エラー発生。ここまでは前回も同じ失敗している。
このソフトにはDirectX9.0cが必要で、今回の失敗はDirectX9.0cがインストールされていないことが原因だろう。

②DirectX9.0Cのインストールで失敗(エラー発生)
このソフトにはDirectX9.0cが付属しているのでそれをインストールする。
ところがDirectX9.0cのインストールできない。途中で失敗する。

Jaris_madoris_22
DirsectXのDXSETUP.exeを右クリック、別のアプリで開くを選択。

Jaris_madoris_23
Madoris Windows Program Loaderで開く。

Jaris_madoris_24
セットアップ画面。同意して次へ。

Jaris_madoris_25
インストールの確認画面。

Jaris_madoris_26
順調にインストール開始するが。

Jaris_madoris_27
エラー発生。内部システムエラー。

Jaris_madoris_28
インストール失敗。

DirectXインストールで内部システムエラーが発生する。


③インストールは成功(紅魔郷、DirectX9.0cがない)

DirectXインストール失敗は置いてといて、他のソフトがインストールできるかやって見た。
Jaris_madoris_58
フルバージョンは下を選択。
2010/01/31修正:
下はBGMなしバージョン。フルバージョンは上!!。

Jaris_madoris_59
確認。

Jaris_madoris_60
確認。

Jaris_madoris_61
確認。

Jaris_madoris_62
インストール成功した。

Jaris_madoris_641
このゲームはDirectX8が必要だが、起動した。ゲームもできる。


ただし音が出ない。


だめじゃん。


**********************************************************
2009/06/13時点、うちのパソコンのJaris_Madorisの問題をまとめると、

  1. DirectX9.0cをインストールできない。

ということにつきる。


次は、ひさびさJaris(DirectXインストール)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Jaris×Madoris×LiveUSB(2009.06.10、手詰まり)


Jaris(ヤリス)。OpenSolarisからの流れを組むOS。
JarisをUSBメモリにインストールして、USBメモリから起動可能なLiveUSBは一応作った。今度は、話題の「Madoris」を使ってみた。「Madoris」はJaris上でWindowsソフトが動かせるアプリケーション。Linuxの「Wine」に当たるものらしい。

使ってみた結果は、うちのパソコン環境(?)では、単体で動作するソフトはほぼ動いた。
しかし、ソフトのインストール作業を必要とするものは失敗する。理由はMadorisのCドライブ空き容量が無いことに起因している。やはりLiveUSBの作り方が邪道だったみたい。

Jarisの公式ホームページが更新されるのを待ったほうが苦労しなくて良いと判断した。
現時点では、LiveUSBもMadorisも不完全っぽい。


**********************************************************
Madorisソフト動作確認:
CapWrite:起動した。一部の機能がおかしいが使えなくも無い。
JTH:起動した。写真をドラッグアンドドロップはできない。
Giam:起動した。ドラッグアンドドロップはできないが使える。
Clipla:起動した。動いているっぽい。

Madorisソフトインストール結果:
MadorisのCドライブの空き容量が100MBくらいしかないため、インストール先は別ドライブ(USBメモリ)を指定。
・緋想天:インストール一応できたが起動失敗する(DirectX9.0cが無い)。
・紅魔郷:インストールできない。
・妖々夢:インストールできない(パスが無いとエラーメッセージ)。
・永夜抄:インストールできない。
・風神録:インストールできるがDirectX9.0cのインストールできない。
※いずれもインストール最後に問題が発生し、「無視」を選択している。インストール先を別ドライブにしているためかもしれない。


現時点の、うちのLiveUSBJarisのおかしなところ:
新たに接続したUSBメモリにフォルダが作れない。
20090609_04_
作ったのは「01」とか簡単な名前のフォルダなのに。ファイルの保存はできてもフォルダが作れない。なんだろ。

ちなみにJarisを「ジャリス」と呼んでいる。「Japanese Solaris」なんだから。



以下は具体的な話。
**********************************************************
Madorisソフト動作確認:

CapWrite(消費リソース零!『キャプラ』)
20090609_07_
一応動作可能。アクティブウィンドウのキャプチャ(長い画面はスクロールして一枚画像にする機能)がうまくいかなかった。

JTH
20090609_10_jth
ドラッグアンドドロップできない。それじゃ使えないが。

Giam
05
ドラッグアンドドロップできない。そのため画像は「ファイル」-「コマの付け足し」で選択した。また、日本語が文字化けし、日本語を含むフォルダの画像は選択できない。



Madorisソフトインストール:

①普通にインストールして失敗(空き領域足りない)
20090516_01_jarisusb
JarisLiveUSB起動。

20090516_02
インストールするソフトのCDを入れ、Setup.exeを右クリック、別のアプリで開くを選択。

20090516_03
Madorisを選択。

20090516_05
セットアップ画面。日本語がほとんど見えない。

20090516_07
いつもどおり、C:\Program Filesを選択すると、

20090516_08
空き領域足りないとメッセージ出て終了。

20090609_01_liveusb
ファイルシステムのプロパティを見ると、空き容量177.3MBのみ。これではインストールできない。

JarisLiveUSBに使用するUSBメモリを8GBにしても同じ症状となる。
おそらくJarisLiveUSBを作成するのに使用した、OpenSolaris Live USB Creatorがサイズを限定しているのだろう。こうなるとなんともできない。

JarisをDVD起動、JarisLiveUSBを接続して、JarisLiveUSBのドライブ状況を確認した。
20090609_02_liveusb8gb
読めない。Jarisは確かZFSファイルシステムのはずなのに。作り方がまずいか?。
読めない以上、パーティションの拡張とかも不可能。


②インストールフォルダを別ドライブにして失敗(原因複数)
空き容量の少ないCドライブにインストールはできない。
ということは、別ドライブにインストールすればいい?
別ドライブ(USBメモリ)を追加してやってみた。

20090609_03_
ドライブ追加。これだけあれば。

20090609_12_madoris
Madoris設定。Fドライブに割り当てた。

20090609_16
リベンジセットアップ。

20090609_17
インストール先指定。ここで、

20090609_18
フォルダ変更。Fドライブ指定。

20090609_19
ドライブ指定完了。インストール続行。

20090609_20
?。

20090609_21
デスクトップにショートカット作りますか?とかか?。

20090609_22
たぶん確認画面。

20090609_28
いい感じで行った。

20090609_29
何か失敗したらしい。たいしたことなさそうだが。

20090609_32
とりあえず完了。

20090609_37
今回は別ドライブに入れたので、フォルダにプログラムが表示される。
(本来はプログラムメニューのMadorisから起動する。)
exeファイルを右クリック、別のアプリで開くを選択する。

20090609_38
Madorisを選択。

20090609_331
起動しかかるが、

20090609_34
エラーが発生。


20090609_35
失敗。そして終了する。

このソフトにはDirectX9.0cが必要で、今回の失敗はDirectX9.0cがインストールされていないことが原因らしい。

③DirectX9.0Cのインストールで失敗(エラー発生)
このソフトにはDirectX9.0cが付属しているのでそれをインストールする。
ところがDirectX9.0cのインストールできない。途中で失敗する。


**********************************************************
2009/06/10時点のJarisLiveUSB_Madorisの問題をまとめると、

  1. OpenSolaris Live USB Creatorで作成したJarisLiveUSBは、Madoris上のCドライブのサイズが小さいため、C:\Program Filesにソフトをインストールできない。
  2. DirectX9.0cをインストールできない。

てところ。手詰まりになってきた。



次は、Jaris×Madoris×HDD(2009.06.13、DirectXインストールできない)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

JarisのLiveUSB(2009.05.14、なんとか成功)


Jaris(ヤリス)。OpenSolarisからの流れでLinuxとは兄弟らしい。
JarisをUSBメモリにインストールして、USBメモリから起動するLiveUSBを作る。
ちなみにわたしはJarisを「ジャリス」と勝手に呼んでいる。「Japanese Solaris」なんだし。


成功した手順:
①USB版ダウンロードページでjarisb98cx.usb(JarisのLiveUSB本体)をダウンロード
②OpenSolaris Live USB CreatorでLiveUSB作成

**********************************************************

①USB版ダウンロードページでjarisb98cx.usb(JarisのLiveUSB本体)をダウンロード
Jarisのダウンロードサイト(http://jaris.jp/download.html)から、「jarisb98cx.usb」をダウンロード。

01_download
Driveeをクリックしてダウンロード。

②OpenSolaris Live USB CreatorでLiveUSB作成

OpenSolaris Live USB CreatorはWindowsでOpenSolarisのLiveUSBを作成するソフト。OpenSolaris だけでなく、各派生OSの USB イメージも書き込むことができるらしい。派生OSってJarisも可能??と思って試したらうまくいった。
参考サイト:
OpenSolaris Live USB Creator (Windows/.NET)(2009/04/11、ハレとケガレのweblog pid0.org支店)
http://chonan.blog.pid0.org/2009/04/opensolaris-live-usb-creator-windowsnet.html
ダウンロードサイト:
OpenSolaris Live USB Creator (Windows/.NET)(PID0.ORG DevZone)
http://devzone.sites.pid0.org/OpenSolaris/opensolaris-liveusb-creator

**********************************************************

OpenSolaris Live USB Creatorを起動する。
08_01


OpenSolaris Live USB Creatorを起動したら、
・USB Imageを選択(jarisb98cx.usb)
・USBメモリを選択(今回はPicoBoost2GBを使用)
そしてStartボタンをクリックするとLiveUSBの作成が始まる。

10__2
操作するものが少ないので直感的に分かりやすい。

11
警告メッセージ「すべて消えます」が表示。「はい」をクリックして続行。

12_
しばらくすれば作業完了。完成!!。

あとは出来上がったLiveUSBで起動する。

13_
起動した。

14_
ついにLiveUSB起動成功。ここまでくるのが長かった。

できたから言えるけどJaris LiveUSBでの起動は遅い。起動から4分30秒後にログイン画面が表示される。そこは仕方ないのだろうが。

使用したUSBメモリはFAT32だったが、LiveUSBはWindowsでは認識しなかった。ファイルシステムはなんだろう。









**********************************************************

以下、失敗状況。

理由なんざ分からない。うちのPC環境、うちのUSBメモリではできなかっただけの話。しかし、それを確認するのにどんだけ時間を費やしたことか・・・。

USBメモリへの書き込みはSolaris系OSでusbcopyのコマンドライン操作する。
JarisでDVDブートし、jarisb98cx.usbをUSBメモリへ書き込みしたが失敗する。
使用USBメモリは、8GB、4GB、1GB。エラーメッセージとUSBをとっかえひっかえした限りUSBメモリは関係ないと思える。
ちなみに書き込みは、root権限で./usbcopy jarisb98cx.usbを実行する。

インターネットで調べた3種のusbcopyはすべて失敗した。(2009/05時点)
①Jarisのダウンロードサイト(http://jaris.jp/download.html)の「usbcopy」
②上記の一部改変
image_file_size=$(  ls -l "${img}"  | cut -f15 -d " ")
    →$(  /usr/bin/ls -l "${img}"  | awk '{print $5}')
③検索で探したsrc.opensolaris.orgの「usbcopy」


①②を使用した場合:
33_
途中までうまくいくが。

34_
なんか失敗する。


を使用した場合:
07_136

カウンタがカウント開始。期待できるが。

08_136
block136で止まって失敗。




次は、Jaris×Madoris×LiveUSB(2009.06.10、手詰まり)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

JarisのLiveUSB(2009/04/26、作業一時中断)


Jaris(ヤリス)。OpenSolarisからの流れでLinuxとは兄弟らしい。
JarisをUSBメモリにインストールして、USBメモリから起動可能なLiveUSBを作る。
参考にしたのはもちろんこの本。最初の特集がJarisだから。

Linux100%   7 DVD付   [本] Linux100%   7 DVD付   [本]
販売元:セブンアンドワイ ヤフー店
セブンアンドワイ ヤフー店で詳細を確認する

しかし、Jarisの読み方は「ヤリス」でなくて「ジャリス」でいいと思う。
ていうかむしろ「ジャリス」のほうが好き。「Japanese Solaris」なんだし。

LiveUSBの作り方は、上の本に詳しく掲載されている。
本と違うのは、Jarisをパソコンにインストールしないで作る点。
方法:
Jarisの入ったDVDでJarisをDVDブート、そのOSでJarisのLiveUSBを作成。

手順:
①USB版ダウンロードページで必要なファイルをダウンロード
②JarisをDVDブート
③端末操作でLiveUSB作成

で、作業はどこで止まっているかというと、①ダウンロード。
ダウンロードで必要なソフトは2つ。
a)jarisb98cx.usb(JarisのLiveUSB本体)
b)usbcopy(jarisb98cx.usbをコピーするコマンド郡みたいなもの)
問題はb)。

本来ならusbcopy2があるはずなのになぜかリンク切れ。
それでも一応usbcopyでやってみた。結果は失敗。
仕方ないのでメール出してみた。「usbcopy2がリンク切れです」と。返信あるだろうか。

以下、失敗状況。

失敗①:usbcopyを使う。

Capu007
usbcopy2はリンク切れ。usbcopyでやってみる。

11
コピーの途中で失敗するらしい。

失敗②:Googleで探したusbcopyを使う。
「opensolaris usbcopy」で検索するといいらしいような情報があってやってみた。うちでは失敗した。良く考えもせず飛びついても無駄らしい。

Capu018__3


07_
少し文字が違うので期待したがやはり失敗する。

********************************************

ちなみにうちの環境ではjarisb98cx.usb(JarisのLiveUSB本体)のダウンロードが異常にかかった。カレー作って、食ってなお余る時間。

Capu012_download



2009/05/16追記:
後日、LiveUSB作成は成功した。
JarisのLiveUSB(2009/05/14、なんとか成功)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

③Ubuntu8.10プラグイン追加(AdobeFlashPlayer)


インターネットを表示すると、「プラグインを追加」表示がでる。
今回はAdobeFlashPlayer。

03_web_
クリック・

04
ここら辺は自動でやってくれる。

06_

07

08


10


11_
ココロが表示された。

       

「ブログ妖精 ココロ」公式サイト
        http://www.cocolog-nifty.com/cocolo/

   

Ubuntu8.10(USBメモリ)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

②USBメモリにUbuntu8.10をインストール、USBブート起動


②USBメモリにUbuntu8.10をインストール
Ubuntu8.10CDから起動、USBメモリにインストールするだけ。のはずだが。
Create a USB startup diskを使用する。

2009_03_15_
Ubuntu8.10CDから起動する。

システム
   ->システム管理
         ->Create a USB startup disk

Create_a_usb_startup_disk
Create a USB startup diskで作成。FAT32にインストールするらしい。

1000
CDと起動した画面とおんなじ。


パーティション分けせずに作成したので、WindowsでUSBメモリを見るとこうなる。

Win
保存したファイルはこの中に確かにあるが、Windowsからは見られない。



×××××××××××××××××××××××××××××
失敗談(2009/03/14、15):
下の通りにやったら、うちのパソコンではうまくいかなかった。

200
パーティション分けまで全自動なのだが、単独USBブートでは起動しない(起動CD+USBブートを使うと起動)。うちのパソコンと相性が悪い?。

USBメモリ2種使ったがどちらも起動しなかった。
①boot:error
②boot:Could not find kernel image vesamenu.C32
なんだろね。

Ubuntu8.10(USBメモリ)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

①Ubuntu8.10インストール用のライブCDを作成


①Ubuntu8.10インストール用のライブCDを作成
Ubuntu8.10をダウンロードしてCDに焼くだけ。
ただし今回は手近なところにCDがなかったのでDVD-RWを使用した。
使用ソフトは「ExpressBurn」。


01
Ubuntu8.10をダウンロード。左の「Ubuntuの入手」より。

02
Ubuntu.comのダウンロードページへ。

03
Ubuntu8.10をダウンロード。

04
CDに焼くのでISOファイルダウンロード。

05
ダウンロード中。


ダウンロード完了後、CD(今回DVD-RW)に焼く。
焼くソフトは「ExpressBurn」。

100
ExpressBurnをダウンロード。

101
ExpressBurn(Free版)をダウンロード。

Exprexx_burn_icon_3  
ExpressBurn起動。

105_2
今回はDVDなので「DataDVD」を選択後、焼く。

106

107
消去。

108
書き込み。書き込み完了後、一度DVDが排出される。再度入れるとVerifyが始まる。

109_2_verify

121
Verify完了後、問題なければSuccsess。

120_

DVDをVerify前に再度入れたときに立ち上がった。USBブートだけでなくほかにも機能があるみたいだが。

Ubuntu8.10(USBメモリ)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Ubuntu8.10(USBメモリ)


USBブートで動くOSができれば環境に関係なく同じ作業ができる。
使用した感想としては、やはり起動が若干遅いか。

使用USBメモリ:
PicoBoost 2GB(2007/07/07購入、当時の価格で\3,980)
・もともとReadyBoostブーム時代に買ったが、特段遊んでなくもったいないので。
・できる限りアクセスの速いものが良いとかいう理由で。

GH-UFD2GBS グリーンハウス PicoBoost 2GB GH-UFD2GBS グリーンハウス PicoBoost 2GB
販売元:telaffy.jp
telaffy.jpで詳細を確認する

Ubuntu8.10_USBメモリ

手順:
①Ubuntu8.10インストール用のライブCDを作成
②USBメモリにUbuntu8.10をインストール、USBブート起動
③Ubuntu8.10プラグイン追加(AdobeFlashPlayer)

注意:
アップデートすると壊れるらしい。

2009_03_15_
何の背景なんだろう。人の顔じゃないよな。

Linux100%Vol.7にUSB-Linuxのいくつかがあった。
特集みたい。そんなにいっぱいやる必要あるのかって気も。

Linux100%   7 DVD付   [本] Linux100%   7 DVD付   [本]
販売元:セブンアンドワイ ヤフー店
セブンアンドワイ ヤフー店で詳細を確認する

Linux100%はvol1,2,3,4まで買っていて、ここでvol7。いつの間にか出ていたらしい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧